« settembre 2011 | Principale

maggio 22, 2013

Rimsky-Korsakov: Scheherazade / Gergiev · Vienna Philharmonic · Salzburg Festival 2005

これすげー。今まで小澤+WPh最強だと思っていたけど、こっちのが好みです。
推進力というか、やはりキーロフでの現場経験なのかな。

中身のない曲、と揶揄されがちなこの曲が、
(その言い分、わからなくもないし、違うとも思うのだが)
ものすごい説得力をもって聞こえてきます。

ゲルギエフとWPh、どちらのアクの強さも残りつつ、
両方の個性を尊重しながら音楽づくりができている。

これがすごい。必聴です。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

maggio 18, 2013

Beethoven: Symfonie nr. 2 - Live Concert - Frans Brüggen - Radio Kamer Filharmonie olv. Frans Brüggen

こぢんまりした編成。ベト2はこうじゃないと。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

maggio 11, 2013

Schubert Symphony.8 Muti/Wiener Philharmoniker

この時代のWPhの音がいちばんしっくりきます。
この曲を聴くと、90年代後半の中大ブラスのサウンドとオーバーラップするのはなぜでしょう?

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

maggio 09, 2013

プーランク「フランス組曲」プレートル指揮パリ管

こういう洒脱なのもいいですね。
軽いラッパ、吹けねえなぁ。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

maggio 08, 2013

Adolph "Bud" Herseth - Haydn Trumpet Concerto

アドルフ”バド”ハーセスの名演。
天国でも喇叭吹いているのでしょうか。

R.I.P.

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

maggio 05, 2013

Prokofiev: Symphony No. 7 / Gergiev · London Symphony Orchestra

ゲルギエフもういっちょ。
若いころは「退屈だ」と毛嫌いしていたこの曲。

いいじゃないですか。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

Stravinsky Le Sacre du Primtemps The Rite of the Spring , Gergiev

やっぱ「バレエ音楽」はバレエを観なきゃ、ね。
キーロフ・オペラ(現マリインスキー)で名を挙げたゲルギエフ、うまい。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

maggio 04, 2013

Mahler: Symphony No. 3 / Bernstein · Vienna Philharmonic Orchestra

ふと目が覚めた午前3時(!)。
みんな風邪ひきで伝染るのもいやだし(笑)洗濯物をたたみながら拝聴。

バーンスタインもルードヴィヒも若い。
VPOのお歴々も若い。

マーラーはやっぱりウイーンの音が似合う。
ラッパのミュートがヴァッキャーノだったりするけど、これはある意味有名な話。

しかし、この曲は「聴くに限る」。プレイヤーとしては、ヤだなぁ。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

あらためまして

放置プレイ中だったこちら、ぼちぼち記事を残していこうかと。

twitterやFacabookのお気軽さにかまけて、長文をしたためる能力が衰えているように感じまして。
自分への鍛錬も含め、週1ペースくらいでは更新したいな、と。

ざっと近況のご報告。

ムスメは小2に、ムスコは幼稚園の年少になりました。

乗り物関係ですが、アッピアはまったく進捗が芳しくありません。
これに関してはいろいろありまして、時期が来たら、また。
2輪はKTMの200Duke、タイホンダのWAVE125、ピアジオのVespa PK50SSが手元にあります。

最近、ちょっと意識してウェイトを落としています。
なんとか60キロ台をキープしようと。

そんな感じです。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

« settembre 2011 | Principale