« 逝く夏 | Principale | 浜なし »

agosto 16, 2010

アッピア 主治医訪問

ドタバタでなかなか伺えなかったので、ムスメとドライブがてら。

相変わらずウマに乗ったまま。悪戦苦闘していたブレーキライン、ついにあきらめて新規に引きなおすことに。
アッピアのブレーキパイプは外径6.3ミリ(正確には6.34ミリらしい)、これを汎用的な6ミリにしていこうという目論見。取り外されたパイプの一部は腐食が進んでおり、そのまま使うのは厳しそう。主治医の判断が正解のようです。フランジを作る特殊工具を取り寄せ中で、一次作業ストップです。

ステアリングギアボックスとスターターはオーバーホール完了。ダイナモも巻き直しが必要。それからエンジンとトランスミッションは下ろさないつもりでしたが、一度下ろしてクラッチをペーパーがけしてから積みなおすとのこと。20年間放置プレイですから、クラッチが切れないことも充分にありそうですし、汚れもすごいですしね。

あとの大物は排気系。本国オーダーで部品がありそうなところもあるけど、どんなシロモノかもわからず、輸送コストもかかる。これは国内で作ったほうがいいかも。あとは車検まわり。

でもまだ当分かかるかな。暑いし。
完成の行方は、主治医の看板娘、秋田犬のあきちゃんのみぞ知る?

|

« 逝く夏 | Principale | 浜なし »

Commenti

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)




TrackBack

URL per il TrackBack a questo post:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31635/49158859

Di seguito i weblog con link a アッピア 主治医訪問:

« 逝く夏 | Principale | 浜なし »