« 2度目 | Principale | 冬支度 »

novembre 14, 2009

紹介状

世話になる予定で居たカリスマ助産師に相談したところ、

「(儲からないと判ったら)手のひらを返す開業医より、公立の病院にしなさいよ」
「そのほうがあなたも気が楽でしょ?税金払っているんだし、邪険には扱われないわよ」

と、至極ごもっともな意見。

それ以上にのっぴきならない事態ですから、さっさと紹介状をもらいに行きました。
って、妻が、ね。

ワタクシとムスメはその間昼飯の準備とお買い物。

昼過ぎに無事紹介状を手にすることができました。

しかし、紹介状ってなんで
「○○様御侍史」
って書くんでしょうね。
もちろん医者は尊い仕事だと信じて疑わないし、受診する側からすれば頼る気持ちもわかります。

いや、医師が偉そうで気に食わん、と言いたいんではないんです。
必要以上にへりくだるその姿勢と、それを許容し(暗に)強要し続ける世の中ってどうなの?
って思っちゃうんですよね。

そんなことしてる間にもっとやるべきことがあるでしょ、ってね。

閑話休題。

帰ってきてからお昼を食べ、妻の実家に。
孫の笑顔と引き換えに、いろいろ頂き物をして、晩飯までご馳走になって帰宅。

ムスメを風呂に入れている間に、妻は
「気持ちが悪い」
とソファで臥せている。


うちの妻はィ夜型だ、と前に書いたけど、ハンパでないィ夜型だ。
正直尋常ではない、と、今でも思っている。
ソファで寝て、未明に風呂入って、朝の5時とかに床につく。
ウソでも冗談でもない。本当だ。

何度も改善を促したけど、頑として改めない(られないのか?)ので、こちらも
物言う気力が失せてしまったので、ここしばらくは何も言わずにいたのだが。

ワタクシは医者じゃないけど、これも原因のひとつなんじゃないか、と思う。
せめて子が産まれるまでの間、まっとうな生活習慣を試してほしいのだ。
日付をまたぐ前に床に着くとか、布団でまとめて6時間以上寝るとか、ソファで寝ないとか。

目を離すとまたすぐにソファで寝てしまうので、今日は床に入るまで一緒にいることにした。
いつもムスメを寝かすという大義名分の下、自分が先にガーガー寝てしまってるので(猛省)


だって、大切な人に悲しい思いをさせたくないから。それだけ。

|

« 2度目 | Principale | 冬支度 »

Commenti

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)




TrackBack

URL per il TrackBack a questo post:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31635/46765834

Di seguito i weblog con link a 紹介状:

« 2度目 | Principale | 冬支度 »