« バレンタインデー | Principale | ジュリア 漏れ問題の本質は? »

febbraio 14, 2009

浮谷東次郎

Dsc021033冊続けて読了。
「俺様の宝石さ」「わが青春の遺産」「がむしゃら1500キロ」の順に、あえて刊行順とは逆に読んでみた。神格化された感無きにしも非ずとは思いつつも、鮮烈な印象は衰えず、むしろはるか昔に青春を終えてしまった今となっては、思わず考えさせられること多々。

Dsc02104全然関係ないのだけれども、こんな本も。ちなみに裏表紙。
JuniorZが美しい。美しすぎる。

|

« バレンタインデー | Principale | ジュリア 漏れ問題の本質は? »

Commenti

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)




TrackBack

URL per il TrackBack a questo post:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31635/44059357

Di seguito i weblog con link a 浮谷東次郎:

« バレンタインデー | Principale | ジュリア 漏れ問題の本質は? »