« Area51オイル漏れの原因 | Principale | ジュリア まだ漏れる »

gennaio 31, 2009

Yカーボンバスターとラムダセンサー交換

昨日完了の入電、午前中に早速取りに行って、計測・テストとその対策結果についてお話を伺いました。

カーボンはだいぶついていたようで、特にインテークの小さいほうのバルブ(この1.4のユニットはイン2アウト1の12バルブで、インの2つは大きさがなぜか違うんですね)の堆積が酷いとのこと。まだガスに添加剤が入っていて、とりあえず空になるまで走ってみて、それから燃費計測ですね。多分にプラシーボだと思うのですが、アクセルレスポンスと回転数の上がり具合が軽やかなような?

ラムダセンサー(O2センサー)のほうは、こちらもずいぶんカーボンで真っ黒でした。素人目にも。
排気の濃度チェックも、ガスが薄いくせにCOがだいぶ出ている、要は不完全燃焼なわけで、交換後はこれがピタリと正常値に。
20090131181245_3816eセンサーの電圧も、使用前使用後でほらこのとおり。詳しい時間や数値は読めないながらも、10秒間に8回以上の起伏があれば正常らしいのですが、交換前はそれをコンスタントに下回っていたのですが、交換後は常にそれ以上の起伏をマークしてます。充分に寿命でしょう。おつかれさまでした。

インジェクションのエラーは、まだ部品が到着せず換えていないエンジンスピードセンサーが原因なのでとりあえずエラーはリセットしてもらいました。部品到着までにまた発生すれば足あと残りますもんね。
そして、そのときにあわせてエアコンのフィルターも手配してもらいました。これも交換の形跡なし。まだまだ初期化するところがありそうだなぁ。

|

« Area51オイル漏れの原因 | Principale | ジュリア まだ漏れる »

Commenti

ぐっちさん

やっと調子があがってきそうです。
でも、今朝は寝過ごして朝練サボっちゃいました。

Scritto da: かまの@Nuova Super | febbraio 01, 2009 a 06:48 p.

おお、順調ですね。春先のドライブが楽しみですね!

Scritto da: ぐっち | febbraio 01, 2009 a 09:14 m.

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)




TrackBack

URL per il TrackBack a questo post:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31635/43914351

Di seguito i weblog con link a Yカーボンバスターとラムダセンサー交換:

« Area51オイル漏れの原因 | Principale | ジュリア まだ漏れる »