« 麦草峠へ | Principale | ウィルソンの赤缶 »

aprile 17, 2008

メルヘン街道開通式

行ってきました。
朝5時に出られたことも素晴らしいし、開通式に雪が降った(!)のも驚いたし、そのあとのツーリングも楽しかったし(チャイルドシートの取り付けミスはあったけど)、食事も旨かったし、なにしろTAROC諸兄をはじめとした皆さんに優しく迎え入れていただけたことが嬉しいのであります。

詳細は後日まとめますが、とりいそぎ。


やっとまとめる気になりました(笑)

蓼科まで自宅から3時間半。中央道は居眠り防止のガタガタが多くて煩わしいことこのうえありません。振動のおかげか、2回もボンネットキャッチが外れて軽く浮いてしまうし。そんなこんなでほぼ定刻どおりに到着すると、三々五々皆さんがお集まりに。

Dsc01832
軽いブリーフィングの後、スタート地点へ向かいます。
前はこんな感じ。目の前はカフェジュリアの、いやTAROC代表の外舘さん。前泊ではしゃぎすぎたのか、自称「体調不良」とな。芳醇な香り(笑)を漂わせて、お目々もウサギちゃんでした。そのわりにはあちこち歩き回っていていたりして。

Dsc01831
後ろに控えるは皆勤賞組のさいとうさん。おニューの等長エグゾーストも勇ましく。あとで追走したのですが、やっぱりジュリアクーペは美しいですね。結局20台くらいは集まったのでしょうか。寒い中トイレをビミョーに我慢しつつ、ゲートオープンを待つことに。

Dsc01835スタート地点はこんな感じ。幼稚園の子どもらが手を振ってくれたりしたのですが、スタートのあとは近くのスロープで雪の上をゴロンゴロンと転げまわったりして遊んでました。そっちのがよっぽど楽しいんでしょう。その他お偉いさんも多数。ちょうどこの頃、雪が舞ってきたりして。春とはいえ標高2000メートルを越えるところですから、当たり前といえば当たり前なのですけど。

Dsc01838スタート地点すぐにこんな看板が。
ここから先はとにかく走る!走る!走る!
皆さんいいペースで飛ばしていきます。
恥ずかしながら、チャイルドシートの取り付けが甘く、カーブのたびにムスメが揺さぶられてしまい、その間ずっと妻に支えてもらうはめに。正直すまんかった、と詫びる以外にないのであります。

1時間半たっぷり走る道中も、外舘さんがトーキーでいろいろ実況してくれました。
というか、喋らずにはおれないんでしょうけど、ね。

Dsc01839ということで、腹もすいたころに「おいしい学校」に到着。
席についてまず一皿目はこちら。
春らしいですね。
干した桜海老の大好きなムスメは生桜海老の美味さに目覚めたようです。

Dsc01841二皿目はパスタ。
オクラのヌルヌルと、やさしい塩味が絶妙です。
烏賊の歯応えも、うまくバランスされてます。
こういうのが、おうちでは食べられない繊細さなんでしょうね。

Dsc01842三皿目はお肉。
もうメチャクチャ柔らかい!
アスパラと筍のアクセントも楽しめました。
ソースをパンですべてすくって食べたのは言うまでもありません。

Dsc01844外にはこんな桜が!
見事です。
雨降りなのだけが悔やまれますが、
来年も来よう、と思わせるに充分です。

|

« 麦草峠へ | Principale | ウィルソンの赤缶 »

Commenti

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)




TrackBack

URL per il TrackBack a questo post:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31635/40907996

Di seguito i weblog con link a メルヘン街道開通式:

« 麦草峠へ | Principale | ウィルソンの赤缶 »