« パンダノッキング | Principale | 春爛漫 »

marzo 23, 2008

パンダ症状は治まらず

6時過ぎに起き出して、7時過ぎから作業開始。
ジュリアのいないガレージに収容せむとエンジンをかけるが、悲しいぐらい昨日と同じ症状(あたりまえか)。

Dsc01807素人が看るところといったら、結局プラグ外してコードの接触状況を確認するくらい。
プラグは2番3番が煤けてます。(左から1→4)。昨日見たジュリアのプラグといい、なんかこう煤けているんですよね。実はイリジウムのせいなのか?
あとは締め付け不足とか電圧とか看てみたのですが特段問題なし。復元して乗ってみたら、昨日よりははるかに復調した!と思いきや、やっぱり大きくアクセルオンするとゴゴゴゴっと言って吹けてくれません。

となるとコイル?デスビ?それともインジェクション?

よくよく見てみると、パンダはデスビレスでして、1,4番と2,3番とがそれぞれコイルを持ってます。
ということで、2,3番を受け持つコイルの不良ではないかと思っています。
ほんとはタイミングライトで確認できれば確実なんだけど、持ってないし。
買いに行くにもスクーターしかないし。

テスターでコイルを測っても、1次側も2次側もどちらも値は変わらず。
しかし、エンジンをかければ明らかに1気筒以上死んでいる音が、エンジンノイズからも排気音からも。
排気も臭いし、点火系であることは間違いなさそうなのですが。

まずはコイルにフォーカスすべきなんでしょうか。

|

« パンダノッキング | Principale | 春爛漫 »

Commenti

さいとうさん

お気遣いありがとうございます。
諸方面にご助言いただき、読みの甘さに反省しきりであります。
こういうときに実力が出るなぁと思う反面、ステップアップのよい機会だと思って、もう少し頑張ってみます!

Scritto da: かまの@Nuova Super | marzo 24, 2008 a 09:49 p.

色々触って感電してらっしゃらないって事は、コードは無事みたいですね。

リモコンでスターターを回すか、だれかに回してもらって、プラグを外してアース(エンジンの金属部とか)に近付けたら、火花が飛ぶのが見えますよ。

問題のコイル側のプラグから火花が見えなければ、ビンゴですね。

Scritto da: さいとう | marzo 23, 2008 a 08:42 p.

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)




TrackBack

URL per il TrackBack a questo post:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31635/40605932

Di seguito i weblog con link a パンダ症状は治まらず:

« パンダノッキング | Principale | 春爛漫 »