« スタビレーとハゼット | Principale | パンダノッキング »

marzo 22, 2008

ジュリア見舞い

ムスメと髭の師匠のところへ、キャブのインシュレータを届けがてら様子を見に。
ヘッドが外された状態のエンジンをはじめてみましたが、クーラントの通る部分がメチャクチャ汚いです。しばらくはまめにフラッシングしないといけません。
それ以上に、他にもダメ出しがいっぱい。クラッチのスレーブシリンダーのブーツも切れてるし、アクセルのプッシュロッドも変な加工してあるし、後付の配線もいいかげんだし、いままで観てもらっていたとこはなんだったのだろう?というぐらい。覚悟を決めてやっちゃっていただくことに。
ムスメも秋田犬のアキちゃんに遊んでもらってゴキゲン。顔中をベロベロ舐めての歓待に圧倒され気味ではありましたが。

|

« スタビレーとハゼット | Principale | パンダノッキング »

Commenti

Kanzaさん

「使命感」もモチベーションを保つ上で重要な要素ですね!
「俺がやらねば誰がやる!」的な(笑)

Scritto da: かまの@Nuova Super | marzo 23, 2008 05:38 PM

ウチのも駄目出しの嵐でまだ出庫の目途が立っていません(T.T)
もう「この個体をマトモにするのは自分の使命なのだ」ぐらいの覚悟ですね(爆)

Scritto da: Kanza | marzo 22, 2008 09:33 PM

I commenti per questa nota sono chiusi.

TrackBack


Di seguito i weblog con link a ジュリア見舞い:

« スタビレーとハゼット | Principale | パンダノッキング »