« テスターの電池交換 | Principale | 総合運転試験 »

febbraio 17, 2008

三角窓のギアボックス交換

実は1年半前から放置してあった三角窓の不具合、意を決して看てみました。
ギアボックスの中でギアが欠けているらしく、途中で空回りしたり、そのまま動かなくなったりして、結局手で無理矢理閉めたりしていたものですから、隙間風や風切り音のひどいことといったら。で、ボルトを外して手持ちの中古に換えようとしたのですが、

Dsc01688なんとギア本体と三角窓から生えている四角の棒が離れません。固着してしまったのか、中に何か詰まってしまったのかはわかりませんが、とにかくうんともすんとも言いません。以前は三つのボルトを緩めればすんなり外れたはずなのに。
念のため助手席側を外して検証してみると、やっぱり見込みどおりすんなり外れます。ギアボックス自体はスペアがあるので最悪はダメにしてしまってもいいのですが、その衝撃で三角窓やドアパネル周辺にダメージがきそうです。ギアボックスから棒をクランプか何かで押し出してみようと試みますが、手持ちのパイプレンチでは隙間が足らずアクセス不可。あれこれ悩んだ挙句、結局はホームセンターに向かうことに。

Dsc01690そしてこの「ハイブリッドポンプラ」を購入。こいつ、なかなかのスグレモノでして、3センチぐらい奥のものまでがっちり噛みこんでくれます。パイプはもちろんボルトや針金まで守備範囲も広く、車載工具に乗せてもいいかも。

Dsc01687これが問題のギアボックス。
クランプで傷だらけです。
再生しようとは思わないけど、これも捨てられないんだろうなぁ。
でも、グリスの再充填くらいはできるかも。

調子に乗って、助手席側の内張りとドアパネルの間にビニールを貼ってみました。
これも風切り音対策。写真はないのですが、効果はあるかな?

|

« テスターの電池交換 | Principale | 総合運転試験 »

Commenti

さいとうさん

三角窓のゴム、どの車種も鬼門ですね。
うちのもご他聞に漏れず。
型を取って量産、なーんて話も出ては消えですし。

仰るとおり、モチベーションを保てないと文字どおり
「やってらんない」
ですもんね!(笑)

Scritto da: かまの@Nuova Super | febbraio 21, 2008 a 06:22 p.

私の個体も三角窓のゴム枠を換えなければと思いつつ何年もの月日が経ってしまってます。
ガレージで暖房機付きとなれば作業も捗りますね。もっとも一番大事なのはヤル気ですね!

Scritto da: さいとう | febbraio 19, 2008 a 10:18 p.

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)




TrackBack

URL per il TrackBack a questo post:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31635/40159493

Di seguito i weblog con link a 三角窓のギアボックス交換:

« テスターの電池交換 | Principale | 総合運転試験 »