« 見つかるときは | Principale | 巾木 »

dicembre 15, 2007

西へ東へ

一日かけずりまわりました。

午前中はやまとプロムナード古民具骨董市へ。妻がきもの関連を物色している間、ムスメとマンツーマンで散歩。人生の諸先輩方が多いせいか、いろんなところでムスメをかわいがってもらい、本人はいたくゴキゲン。こちらはミニカーなんかのオートモビリア小物を飾るためのケースを物色。昔の駄菓子屋で使っていたようなガラスのやつで、横からも上からも見られて高さがあるヤツがいいんだけど、なかなか思うようなものには巡り合えないわけで。

結局ワタクシは何も買わず、妻も小物を2点だけで、御殿場の相模屋さんへ。MUSEOの賞品のPirelliのタイアが今朝届くとの連絡をサラ女史経由で聞いていたので、早速取り付けてもらう段取りをとっておいたのだ。
がしかし、昼過ぎに着いてみると皆さん申し訳なさそうな顔。そう、恐れていた最悪の事態、

「届いていない」

のだ(!)

これをイタリアンジョブと云わずして何と云う。決してサラさんがサボっていたとは思えないので、たぶん某社の誰かが手配をしくじったのでしょう。こちらは日時指定で動いているんだから嫌んなっちゃうよなぁ。まあないものはしょうがない。とりあえずカフェジュリアにでも行って腹ごしらえしますか。

ということでカフェジュリアではワタクシは日替わりランチをオーダー。ポークソテーとポテト、サラダとスープ、そしてライス。ソテーは絶妙な火のとおり具合で、とりわけてムスメにあげたら喜んで食べてました。最近偏食気味で、すぐに「いらない」「たべない」を連発するくせに、うまいものには正直です。
厨房から出てきてくださった外舘さんに
「どれがおいしかった?」
と聞かれ、すかさず
「おにく!」
と答えるあたり、たぶん心の底からおいしかったのでしょう。ちなみに、ポテトも玉ねぎの甘みがしみとおっていてやさしいお味。こういう旨みも覚えて欲しいなぁ。

妻は本日のパスタ。トマトとなすのスープパスタで、いかにもバリラらしいツルツルの麺も口当たりがよくておいしゅうございました。しかしこう見るとなかなかのボリュームだなぁ。ちなみにムスメにはコロッケバーガーを。半分に切って出していただいた、そのバンズの上だけを食べ、コロッケとキャベツをちょっと食べただけ。食事の時にはあんまり食べずに間食が多くなるのは困ったもんです。でもお店の皆さんにもちやほやされてムスメは超ゴキゲン。いやはや、幼児連れでゆっくり食事をさせていただけることのなんと有難いことか。

そしてFSWで開催されているアルファロメオチャレンジ最終戦を観戦に。通り道の相模屋さんに再度寄ってみるも、予想どおり未着。携帯の連絡先を置いていくことに。午後のFSWは日が当たらず寒いのなんの。ダウンを着込んでピットヘ向かうといつものメンバーが。こちらも子連れのギャラリーをいつも暖かく迎えてくださいます。ありがたや。我らがmayox(a.k.a. Dottore'Centro')氏は決勝のコース入り前に突然の始動不良!監督がピットまで急いでクルマで送り、たまたま隣のピットにいた(我が家のパンダの主治医でもある)岸さんがあれこれいじって何とか息を吹き返すことができましたが、このアクシデントでやむなくピットスタートするはめに。いろいろあるのがレースですが、ツイてないなぁというのが率直な感想。でも、周りのヘルプがあったからこそ遅れてでも走れたわけで、そういう意味では運がよかったのかも。

しかしサーキットの持つこの雰囲気はいつ来てもたまりまへんな。諸先輩方には遠く及びませんが、いつかは一歩を踏み出してみたい、なーんていつも薄暗くなった帰り道に思うのでありますが、ね。
結局晩飯の買い物を御殿場インター近くのキミサワで、その前に衣類を隣のユニクロで調達。実は昨日おとといと二日連続でパンツが破けてしまう(!)という大惨事に見舞われてしまったワタクシ、新しいパンツの調達が急務なのでありました。2枚で千円。もう一組買っておくべきだったか?

|

« 見つかるときは | Principale | 巾木 »

Commenti

mayoxさん

先日はおつかれさまでした。
まぁ、いろいろあるのがレースですからね。

ワタクシは霊峰富士の麓で育ってますし、樹海は山向こうですから、たぶん偶然の産物でしょう。なーんて。
右往左往したタイアも無事届き、日曜日に取り付けの運びとなりました。
新しい靴の履き心地、今から楽しみです!

Scritto da: かまの@Nuova Super | dicembre 20, 2007 a 09:44 p.

先日は寒い中、応援にお越し頂いてありがとうございました。

天気が良かったのがせめてもの救いでしたね。

しかし・・・

なんであんなことになるんでしょうね?やはり霊峰富士山には、魔物が住み着いているのでしょうか?あるいは樹海で彷徨う魂が幸せモノに悪戯するのでしょうか??

だとすると、かまのさんが東奔西走したのも、そのせいかも???(苦笑)

Scritto da: mayox | dicembre 19, 2007 a 03:53 p.

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)




TrackBack

URL per il TrackBack a questo post:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31635/17379733

Di seguito i weblog con link a 西へ東へ:

« 見つかるときは | Principale | 巾木 »