« 古本2冊 | Principale | ジュリアのオイル交換 »

agosto 04, 2007

パンダ退院

2週間の修理を終えて、今日引き取りに行ってきました。

Dsc01481レンズはアッシー交換です。
もともとついていたのはSIEMですがこちらはCARELLO、しかも右側通行用。FAJ曰く「もうこれしか出ない」とのことですから致し方ありません。

Dsc01483ちょっと傷のついたボンネットは全塗装、バンパーは新品に交換です(!)
どちらももとからのダメージが大きかったので、すごく新しくなったように感じます。
某カフェのパンダにも対抗できるかな?なーんて(笑)

冗談はさておき、これでまた永く乗り続ける気力がわいてきました。
しかし、ヤリスのエアコンに比べて、やっぱりパンダのクーラーは非力ですね。
贅沢とは恐ろしいものです。ハイ。

最後に、こんな貧乏車にもかかわらず、事故対応だけでなくサイドブレーキのワイアの調整などなど細かいところもきちんと見ておいてくださるミラコラーレさんに感謝、感謝!

|

« 古本2冊 | Principale | ジュリアのオイル交換 »

Commenti

mayoxさん

カーボンボンを塗りましたか!
これは、長く乗られるお積りですね(笑)

GTVもキレイになったようで何よりです。

パンダは冷却系の不具合で明日再入院です。
13日、応援には代車のパルサーで向かいます!

Scritto da: かまの@Nuova Super | agosto 08, 2007 a 09:50 p.

ボンネットがさらピンになると、気分いいですよね!
僕の156もボンネット塗装したので、すっかり綺麗に
なりました!(喜)

しかし、バンパーはそのままなので、石跳ねのキズが
目だって・・・(いいなあ、新品バンパー!)

そういえば、GTVもバンパー塗装しなおしたので綺麗!
って、バンパー塗装フェチかいな>自分(爆)

Scritto da: mayox | agosto 07, 2007 a 10:35 p.

さいとうさん

いよいよパンダもそういう「端境期」にきたようです。
いろいろありますが、まだまだ乗りますよ!

ぐっちさん

というわけで、我々のパンダを取り巻く環境も世知辛くなってまいりましたね。
大事なパートナーですから、長く一緒にいたいですもんね。

ゴンタさん

黒いプラに艶があると、「おお!」ってなりますもんね。
ちょうど退色著しい世代ですから、ここがキチンとしているだけで見栄えが違います。
でも、この時期ガレージでも作業はしんどいですね(笑)

Scritto da: かまの@Nuova Super | agosto 05, 2007 a 07:25 p.

バンパーさら(ピン)!っていいですね。
何かガレージに収まってる姿もシャキッとしてそうで。
まだまだ現役なんですね(スゴイ)

よっしゃ、ちょっくら僕もガレージにアーマオール塗りに行こうかな〜

Scritto da: ゴンタ | agosto 05, 2007 a 10:19 m.

退院おめでとうございます。パンダもそんな年式になってきたわけですね、こちらのコメントを拝見して実感しました。ボクもパンダを大切にして乗りたいと思います。
じゃっ。

Scritto da: ぐっち | agosto 05, 2007 a 12:15 m.

まずは復活おめでとうございます。
やっぱり新品の部品を調達するのは難しい年代なんですね~。まあ、しかし、これで足車復活ですね!

Scritto da: さいとう | agosto 04, 2007 a 07:56 p.

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)




TrackBack

URL per il TrackBack a questo post:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31635/16004608

Di seguito i weblog con link a パンダ退院:

« 古本2冊 | Principale | ジュリアのオイル交換 »