« 御殿場プレミアムアウトレット | Principale | ガレージ塗装その1:下地塗装 »

maggio 25, 2007

カフェジュリア@仙石原

本日のメインイベントであるカフェジュリアでのディナーへ。
雨風強く店内は珍しくお客ゼロ。

マスター外舘さんの最近買ったF11をじっくり見させていただく。外舘さんも自慢したいのか、それともワタクシの「見せて」オーラが出まくっていたのか(笑)厨房を抜けて実車に乗り込む。
ミラノの花屋さんのワンオーナー車を北イタリアでレストア後国内へ、その後紆余曲折を経て、来るべき人のところに来たという感じ。1300ccでこの図体はさすがに非力(箱根の上りは30キロ!)だが、オリジナルを好しとする外舘さんの姿勢に大きく頷く。その他内外装もまさにミントコンディション。エンジンをかけていただくと、シングルキャブのエンジンが思いのほか静かに廻り出す。異音とは無縁で、厭な振動もオイル漏れもない。張り替えられた内装もちょうどよい感じで、レストア直後の「やりすぎ感」は微塵も感じられない。ちょっと、というか、相当羨ましいんですけど、外舘さん!
オイルフィラーキャップがヘッドのエキマニ側(3番4番の間くらいだったかな?)についていたり、シフトレバーが後ろから生えてきていたり、三角窓のストッパーも何とも言えない可愛らしさだったり、ドアキャッチは後期スーパー、ドアオープナーやウィンドウハンドルは前期スーパー、エンジンキーはジュリアクーペと一緒かな?(すべてあっているかは保障しませんが)写真も撮らずにしげしげ眺めました。まあ、いろんなところで写真に撮られるでしょうから、ね。

その間妻とムスメは奥様が話し相手になってくれていました。奥様のパンダももうすぐ納車だそうで、ウキウキ感も最高潮でしょう。で、貸切じゃん!と思っていたところへお客様が。追ってメイク・ア・ウィッシュのイベントでご一緒させていただいたAさんもヴォルヴォで登場。常連とはいえこの天候でも集客力のあるカフェジュリア、ただものではありません。

今日は新築祝い兼ムスメの2歳のお祝い兼母の日の労い、といった感じで、まあバタバタとしていましたから気心知れたところでうまいもんでもいただきましょうや、ということなんです。すべては外舘さんに一任してますから、何が出てくるかワクワクしながら待ちます。

20070525192538まずはアンティパスト。生ハムのサラダに焼きチーズのバゲット、セロリのブルーチーズ載せ。焼きチーズはムスメも喜んでかぶりついてました。ブルーチーズ、好きなんですよ。酒が呑めないのが残念ですが、まあそれは想定内ということで。

20070525193823つづいてムスメ用の一皿。とはいえものすごい質と量。ほうぼうとアカザエビのソテー、じゃがいものニョッキ、手作りポテチにつけあわせのえんどう。本当は魚もえびも大好きなムスメなのですが、昼寝が足りずにこのあたりから愚図りはじめてしまいます。結局どれにも手をつけず。昼間から連れまわした親の責任もあるかなぁ、と。外舘さん、ごめんなさい。ちなみに、親2名がすべて平らげました。うまかったです。ハイ。スーパーでも見かけるほうぼう、いつもつい敬遠してしまうのですが、今度買ってトライしてみたい食材のひとつです。

20070525195224キャベツのスープとパン。結局ムスメはこのパンをひたすら食べてました。いつもと違う場所で、見慣れないものばかり出てくる食卓というのは、まだ彼女にとってハードルが高かったのでしょう。この中ならパンぐらいしか食べられないわ、と判断したんでしょうね。
キャベツのスープ、温かく胡椒のスパイシーさがアクセントとなって食欲が沸いてきました。

20070525201334次にかさごのフライ、トマトソース添え。画面の白い部分、飾り包丁が入っています。こういう細やかさが嬉しかったりします。皿に残ったソースも、パンできれいにこそげとって味わいつくします。うまいものを作ってくださった方への恩返し、というよりも、食い意地が張っているだけだったりして(笑)

写真は撮り忘れましたが、窮状を察した外舘さん、ムスメのためにデザートのいちごとミントシャーベットを先に出してくださいました。いちご大好きなムスメのご機嫌も一転。このあたりの気配りも、ああ、カフェジュリアに来てよかったなぁと思える瞬間です。知らないお店じゃ、逃げ出したくなって親も食事を楽しめませんからね。

20070525203014メインの牛ステーキ。これがとにかく火のとおり具合が絶妙。「火の通った赤身」とはまさにこのことで、外舘さんのプロフェッショナリズムを見せつけられた一皿でありました。久々にうまい肉を喰った。ベタな表現ですが、とにかくそんな感じです。

20070525205321デザートのいちごとパウンドケーキ、ミントシャーベット。いちごはムスメのクレクレ攻撃に遭い、ひとつしか口に入りませんでした。ミントシャーベットはメインの油っぽさを洗い流してくれました。焼肉屋で振舞われるグリーンガムの役割ですね。

閉店時間を過ぎてしまいましたが、気持ちよく過ごすことができました。今年のArrivederci MUSEO ALFA ROMEO Meetingや女神湖の話を伺ったところで、我が家を新築した話になり、外舘さんが

「じゃあ、これ持って帰ってよ。そういう約束だったよね」

と、店内に飾っていただいているジュリアスーパーの新聞見開きを指差しておっしゃいました。確かにお貸しするときに「自分でガレージが持てるまで、ここで飾ってください」とお願いしたことを覚えていてくださいました。それをパッと思い出してくださったこと、なんだか嬉しかったです。約束を守る男、かっこいいじゃないですか。

カメラ(厳密に言うと記憶媒体)を忘れてしまったので携帯のピンボケカメラで撮ったのですが、いちいちシャッター音が五月蝿くて閉口しました。食事に集中したいし、周りにも作ってくださった方にも失礼な気がして、今後はちょっと食事中の携帯カメラは考えないと、うーむ。

|

« 御殿場プレミアムアウトレット | Principale | ガレージ塗装その1:下地塗装 »

Commenti

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)




TrackBack

URL per il TrackBack a questo post:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31635/15205019

Di seguito i weblog con link a カフェジュリア@仙石原:

« 御殿場プレミアムアウトレット | Principale | ガレージ塗装その1:下地塗装 »