« aprile 2007 | Principale | giugno 2007 »

maggio 31, 2007

ややや@半蔵門

ややや@半蔵門
ラー修行二日目は以前食べた家系へ。ネギ中盛味玉追加。必要以上に獣臭くないスープと太く短い麺は健在。しかし6月29日で閉店とのこと。残念。後ろに並ぶ大学生が五月蝿く集中力を欠いたがとりあえず完食。午睡の魔手に気をつけねば。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

maggio 30, 2007

玉川高島屋

帰り道に寄り道。
実は初めてなのですが、食品フロアだけウロウロしてきました。

Dsc01314いやー、危険です。
パンだけでPAULにビゴ、ペック、最強です。
男前豆腐や富士宮やきそば(虹屋ミミってところがマニアック!)の催事もやってました。

Dsc01315こんなチョッコラータも発見。
思わず買ってしまいました。
勢い余ってドリームジャンボも購入。
大安吉日ですから、ね。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

ECOサポートプラン

Dsc01313先月末、慌てて出した申請が間に合ったようで、今日届きました。
少しのことですが、うれしいものです。
ランチ代に消えそうですが(笑)

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

めん徳 二代目 つじ田@半蔵門

めん徳 二代目 つじ田@半蔵門
今日から3日間研修。ということでラー修行。
ちなみにィ夜のィ予定も空いてます。暇な方は私信を(笑)
あらかじめあたりをつけといたこの店に。3人ほど並んでいたが程なく着席。二代目つけめんとチャーシューごはんをオーダー。
そもそもつけ麺があまり好みではないのだが、ここのは旨かった。所謂Wスープ(魚と獣)に太麺だが、大勝軒のような酢っぽさ(酸っぱさ、ではない)はなく、スープ割りしてもおいしくいただけた。飲み干すと底には節粉がたくさん。

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

maggio 29, 2007

ガレージ塗装その5:乾燥

Dsc01303夜から雨ということなので、帰ってきてから急遽クルマを収めることにしました。本当は三日三晩乾燥させたかったのですが、天気も気温もよかったし、大丈夫でしょう、と見切り発車。素人施工でもパッと見キレイに見えますね。このあと養生テープをはがしてから、とりあえずジュリアとアプリリアを入れることに。

Dsc01308こんな感じで収まりました。
もう少しうまく撮ってもらわなくちゃ、ね。

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

maggio 28, 2007

みどり

園芸店で仕入れました。

Dsc01300定番のバジル。生の味を知ってしまうと乾燥は使えませんよね。
ということで今年も二鉢。花が咲くと硬くなってしまうので要注意です。
帰り道、クルマの中までバジル風味になりました。

Dsc01301はじめて挑戦します。カルチョッフィ。
こちらもイタリア人が大好きな野菜。
旬があるので、日本でいえば「筍」のようなものでしょうか。
これをデカく育てて、玄関先や屋上に
「どうだ!」
と飾るのが夢だったりします。
赤瀬川原平のニラハウスに負けない、「アーティチョークハウス」ができますかどうか。乞うご期待。

| | Commenti (0) | TrackBack (1)

maggio 27, 2007

Dsc01297刺さってました。
意図的なものじゃなくて、たぶん踏んづけたんでしょう(と思うことにする)

タイアを換えるいいきっかけ、ととらえるべきか。。。

| | Commenti (4) | TrackBack (0)

いかんともしがたい

某市内にあるこの2つの建物。

20070525075745ペットショップなのに。
居酒屋なのに。
このネーミング。
しかも、どちらもこのどぎついカラーリング。

景観を云々するような街ではないにせよ、もう少し、なんとかならんもんでしょうか。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

ガレージ塗装その4:クリア塗装

いよいよ仕上げの工程。
いつものように早起きしてコーヒーを淹れていると、携帯にメールが。
なんとES30乗りの早起き組お二方様が自慢の原付でこちらに向かうとのこと!
これはおちおちしていられません。コーヒー飲んで早速着手です。

Dsc01286今回塗るクリア塗料は一液型なので、そのまま塗っていきます。
塗り始めてわかったのですが、文字どおりクリアなので、どこまで塗ったかわかりにくく、しかもすぐ乾くので何度も確かめながらしつこく塗っていきます。手にまめをつくりながら塗ること30分、こんな感じで全工程終了です。あとは乾くのを待つだけ。汗だくでかがんだ腰を伸ばしていると、遠くからあきらかにそれとわかる4ストと2ストのユニゾンが(笑)

20070527074331何のお構いもできませんでしたが、缶コーヒーをご馳走になりしばらく雑談。こういう他愛もない話が楽しいのは、たぶんいくつになっても変わらないんだろうなぁ。

| | Commenti (6) | TrackBack (0)

maggio 26, 2007

ガレージ塗装その3:上塗り(2回目)

Dsc012732時間経ったので2回目を塗ることにします。
密閉してとっておいたにもかかわらず塗料がとろりと濃くなっていて、しかも1回目の塗装との色がわかりにくく(同じ色なのだから当たり前ですが)、意外と難儀しました。
とりあえず全面塗って今日は終了。明日の朝にはトップコートを塗って全工程終了です。

先ほど書き忘れましたが、気づいたことをいくつか。

下地を塗って乾いたあとで、表面にかなり大き目の気泡がいくつかできてました。おそらくコンクリート内の空気が出てきたのだと思います。
あと、塗っている最中にも葉っぱやら埃やらが飛んできます。それから匂いにつられてか、虫もけっこうやってきます。正直な話、場所を密閉しない限りこれらを防ぎきることは不可能でしょう。そんなことしたら乾かないし、第一塗っていてキモチよくなってしまいます。

ということで、細かいところを気にしていたらやってられないですね、ハイ。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

ガレージ塗装その2:上塗り(1回目)

Dsc01270とりあえず1回目塗り終わりました。
下塗りよりもっさりしていて、塗りにくいです。
ちょっとムラがあったり、ゴミがくっついてきたりしますが、まああと1回塗るからなんとかなるでしょ!

と、すでに適当モードだったりして(笑)

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

ガレージ塗装その1:下地塗装

天気もいいし、今日をXDAYにすることにしました。

Dsc01250まずは下地作りから。
今回塗るのは水谷ペイントの塗料で揃えました。というより山屋商店さんにコーディネイトしていただいた、というのが正解でしょうか。ノウハウはないけどやる気だけはある、そんな下手の横好きを支えてくださるお店です。

Dsc01251結局養生テープでマスキングし、壁際のレイタンスも除去し、箒ではいてから掃除機で綺麗にしてから、いよいよ塗り開始です。3:1の割合で調合してから3分間しっかり攪拌。はじっこは刷毛で塗って、ローラーで広い面積を塗りたくります。塗り自体は30分かからずに終了。ということで今乾燥待ちです。昼飯食べたらいよいよ上塗りです。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

maggio 25, 2007

カフェジュリア@仙石原

本日のメインイベントであるカフェジュリアでのディナーへ。
雨風強く店内は珍しくお客ゼロ。

マスター外舘さんの最近買ったF11をじっくり見させていただく。外舘さんも自慢したいのか、それともワタクシの「見せて」オーラが出まくっていたのか(笑)厨房を抜けて実車に乗り込む。
ミラノの花屋さんのワンオーナー車を北イタリアでレストア後国内へ、その後紆余曲折を経て、来るべき人のところに来たという感じ。1300ccでこの図体はさすがに非力(箱根の上りは30キロ!)だが、オリジナルを好しとする外舘さんの姿勢に大きく頷く。その他内外装もまさにミントコンディション。エンジンをかけていただくと、シングルキャブのエンジンが思いのほか静かに廻り出す。異音とは無縁で、厭な振動もオイル漏れもない。張り替えられた内装もちょうどよい感じで、レストア直後の「やりすぎ感」は微塵も感じられない。ちょっと、というか、相当羨ましいんですけど、外舘さん!
オイルフィラーキャップがヘッドのエキマニ側(3番4番の間くらいだったかな?)についていたり、シフトレバーが後ろから生えてきていたり、三角窓のストッパーも何とも言えない可愛らしさだったり、ドアキャッチは後期スーパー、ドアオープナーやウィンドウハンドルは前期スーパー、エンジンキーはジュリアクーペと一緒かな?(すべてあっているかは保障しませんが)写真も撮らずにしげしげ眺めました。まあ、いろんなところで写真に撮られるでしょうから、ね。

その間妻とムスメは奥様が話し相手になってくれていました。奥様のパンダももうすぐ納車だそうで、ウキウキ感も最高潮でしょう。で、貸切じゃん!と思っていたところへお客様が。追ってメイク・ア・ウィッシュのイベントでご一緒させていただいたAさんもヴォルヴォで登場。常連とはいえこの天候でも集客力のあるカフェジュリア、ただものではありません。

今日は新築祝い兼ムスメの2歳のお祝い兼母の日の労い、といった感じで、まあバタバタとしていましたから気心知れたところでうまいもんでもいただきましょうや、ということなんです。すべては外舘さんに一任してますから、何が出てくるかワクワクしながら待ちます。

20070525192538まずはアンティパスト。生ハムのサラダに焼きチーズのバゲット、セロリのブルーチーズ載せ。焼きチーズはムスメも喜んでかぶりついてました。ブルーチーズ、好きなんですよ。酒が呑めないのが残念ですが、まあそれは想定内ということで。

20070525193823つづいてムスメ用の一皿。とはいえものすごい質と量。ほうぼうとアカザエビのソテー、じゃがいものニョッキ、手作りポテチにつけあわせのえんどう。本当は魚もえびも大好きなムスメなのですが、昼寝が足りずにこのあたりから愚図りはじめてしまいます。結局どれにも手をつけず。昼間から連れまわした親の責任もあるかなぁ、と。外舘さん、ごめんなさい。ちなみに、親2名がすべて平らげました。うまかったです。ハイ。スーパーでも見かけるほうぼう、いつもつい敬遠してしまうのですが、今度買ってトライしてみたい食材のひとつです。

20070525195224キャベツのスープとパン。結局ムスメはこのパンをひたすら食べてました。いつもと違う場所で、見慣れないものばかり出てくる食卓というのは、まだ彼女にとってハードルが高かったのでしょう。この中ならパンぐらいしか食べられないわ、と判断したんでしょうね。
キャベツのスープ、温かく胡椒のスパイシーさがアクセントとなって食欲が沸いてきました。

20070525201334次にかさごのフライ、トマトソース添え。画面の白い部分、飾り包丁が入っています。こういう細やかさが嬉しかったりします。皿に残ったソースも、パンできれいにこそげとって味わいつくします。うまいものを作ってくださった方への恩返し、というよりも、食い意地が張っているだけだったりして(笑)

写真は撮り忘れましたが、窮状を察した外舘さん、ムスメのためにデザートのいちごとミントシャーベットを先に出してくださいました。いちご大好きなムスメのご機嫌も一転。このあたりの気配りも、ああ、カフェジュリアに来てよかったなぁと思える瞬間です。知らないお店じゃ、逃げ出したくなって親も食事を楽しめませんからね。

20070525203014メインの牛ステーキ。これがとにかく火のとおり具合が絶妙。「火の通った赤身」とはまさにこのことで、外舘さんのプロフェッショナリズムを見せつけられた一皿でありました。久々にうまい肉を喰った。ベタな表現ですが、とにかくそんな感じです。

20070525205321デザートのいちごとパウンドケーキ、ミントシャーベット。いちごはムスメのクレクレ攻撃に遭い、ひとつしか口に入りませんでした。ミントシャーベットはメインの油っぽさを洗い流してくれました。焼肉屋で振舞われるグリーンガムの役割ですね。

閉店時間を過ぎてしまいましたが、気持ちよく過ごすことができました。今年のArrivederci MUSEO ALFA ROMEO Meetingや女神湖の話を伺ったところで、我が家を新築した話になり、外舘さんが

「じゃあ、これ持って帰ってよ。そういう約束だったよね」

と、店内に飾っていただいているジュリアスーパーの新聞見開きを指差しておっしゃいました。確かにお貸しするときに「自分でガレージが持てるまで、ここで飾ってください」とお願いしたことを覚えていてくださいました。それをパッと思い出してくださったこと、なんだか嬉しかったです。約束を守る男、かっこいいじゃないですか。

カメラ(厳密に言うと記憶媒体)を忘れてしまったので携帯のピンボケカメラで撮ったのですが、いちいちシャッター音が五月蝿くて閉口しました。食事に集中したいし、周りにも作ってくださった方にも失礼な気がして、今後はちょっと食事中の携帯カメラは考えないと、うーむ。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

御殿場プレミアムアウトレット

雨降りの平日なのでガラガラ。シノワな観光客相変わらず多し。こんな日じゃ富士山も見えなくて可哀想。
我が家は結局ムスメと妻の服をプチバトーで購入して終了。靴をそろそろ新調しなければいかんのだけれども、なぜかその気になれず。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

キミサワ便船塚店

となりのキシオカ薬局で液体石鹸ファミリアンを購入後。ここの薬局で薦められるものは当たりが多い。フタアミンクリームとか、アベンヌのトリクセラとか。

マルモ製麺の富士宮やきそばを求めんと。3人(うち2歳児ひとり)で5袋というのは食べすぎだろうか。さらに安かったので豚バラ1キロ、お約束ののっぽまで。今回の新作は「ぬまづ茶」と「マスクメロン」。地域限定はもちろん、期間限定モノも存在するらしいのでまず間違いなくコンプリートはありえないのだが、不思議とコレクター心を刺激する不思議な食べ物。静岡県東部で育った弊害か?

| | Commenti (0) | TrackBack (1)

あおき御殿場店

特にとりたてて用事もないのだけれども、何かあるかも、と思わせる力に引き寄せられて。
最近近所のカルディ・成城石井・北野エースでも見かけなくなったツインフィッシュ タイドレッシングホットがあるかもと淡い期待を抱いたが、残念であった。結局くばらのキャベツのうまたれ金ちゃんヌードルを購入。あまり買うものがなくても駐車場代を気にしなくていいのが嬉しい。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

道の駅ふじおやま

トイレ休憩がてら立ち寄り。御殿場のうんみゃあ味噌とムスメのおやつ用に蒸しパンを購入。
それから一鉢から二本生えた山椒の木。庭に植えるものが着々と揃いつつある。すべて食に直結しているのが我が家らしいのだが。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

大幸@南足柄

PM半休を取得して2007年うまいものの旅へ。
一度家に帰り、すぐさま妻とムスメを乗せ、東名高速を西進。
まずは昼飯。大幸の昼の営業時間終了15分前に滑り込む。店内にはお客が2人。座敷にあがれそうなので少しほっとする。
20070525135743妻とワタクシはそれぞれネギチャーシューメンを、いままで取り分け専門だったムスメにははじめて単品のラーメン(写真)をオーダー。閉店間際で少々煮詰まったスープだが、それでもうまい。餃子も一皿プラスしたのだが、ムスメがほとんど食べてしまい、ワタクシはひとつ、妻にいたってはありつけずに終わってしまった。恐るべき食欲。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

駐輪場

すこぶる便利なバイク通勤なのですが、欠点がひとつだけ。
あ、誰ですか?「呑めないこと」なんて言ってるのは。そんなのあたりまえじゃないですか。

帰りにちょっと市街地で買い物、とかいうタイミングで、停めておくところが意外とないんです。原付用の駐輪場でもヒヨコナンバーなだけで断られたり。もちろんこういう稼業ですから、路駐なんて言語道断。いろいろ探して、やっといいところを見つけました。
Dsc01249某バスターミナルの上の駐輪場、いきつけの床屋や古本屋にも近く、しかも夕方の短時間利用(~2時間)であれば料金はいいですよ、とのこと。ちょっとのことですが、これがうれしい。いいところをみつけられると、それだけで気分がいいもんです。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

maggio 24, 2007

シャッター

今度のガレージには電動シャッターがついておりまして、毎日アプリリアの出し入れのタイミングで開け閉めしておるのですが、今週はじめからキーキーと音がし始めました。開けはじめ1メートルくらいのところまでなのですが、かなり切ない金切り音がします。
まだ使い始めてから約1ヶ月ですから、もう少し様子をみてみようと思いますが、3ヶ月目の点検時じゃちょっと遅いかな?クルマと同じく何らかの原因があるから異音がするわけで、もしかしてこちらの使い方(メンテ含む)かもしれませんし、チェーンの初期伸びみたいな「なじむ」までの止むを得ないものなのかもしれません。

| | Commenti (0) | TrackBack (1)

maggio 22, 2007

今日の現場84

Dsc01208いよいよ門柱に表札がつきました。
中の電気はこれからですが、とりあえずこれで
「我が家」
な感じです(笑)
だいぶクールな感じですね。
K目地と合っているので、予定どおり。

Dsc01204車庫内のモルタルが入っていなかった穴も埋まりました。
週末までには固まるでしょう。
ということで、ガレージの塗装が完了したら、この
「今日の現場」
シリーズは終了、といたします。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

maggio 21, 2007

古本3冊

いつもの高原書店にて購入。
一方的なチョイスですが、ひとり一冊、ということで。

Dsc01201まずはワタクシ。
舶来もいいけど、根っこは日本ですからね。
なによりも、わが敬愛する柳宗理先生の
「安楽柳椅子」
が載ってますもので。
欲しいけど、買えないなぁ。
たぶん。

Dsc01202続いてムスメ。
お気に入りのミッフィー、もとい、うさこちゃん。
一番最初の「ちいさなうさこちゃん」
「ふわふわさん」や「ふわおくさん」が登場。
あれれ、どこかで聞き覚えが(笑)

Dsc01203最後に妻。
ガーデニングをせせら笑うこの一冊。
ムルティプラをこよなく愛する家元に、少なからずリスペクト。
おととい妻の実家からもらって
「こんなもんもらっても・・・」
と正直思っていた金のなる木、
マン盆栽にして生き返らせましょうか。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

maggio 20, 2007

新入り

2ペアが我が家に仲間入りです。

Dsc01200新しい家には新しいゴミ箱!
ということで、kcudのペールです。
グッドデザイン賞受賞の実力派。
赤黒2色で、はてさてどう使い分けましょうか。

Dsc01198こちらは双子。
庭にでも植えましょう、ということで、ローズマリーです。
さて、どこに植えるか思案しましょう。
ほったらかしでも育ってくれる、我が家向けのハーブです(笑)

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

レイタンス除去

早起きして、今やっと終わりました。

Dsc01189まずはすべてのものをガレージから出します。
あたりまえですが、ジュリアも例外ではありません。
こんな感じで置けば、すべて敷地内に納まります。
これもマヨマジックの賜物(笑)

Dsc01190オイル漏れ対策にコンパネを敷いておいたのですが、その部分だけ乾きに差が出たのか、周りと色が違います。
とはいえ打設から1ヶ月、十分でしょう。
レイタンス、ホントは打設直後のが除去しやすいらしいのですが、そんなこととは露知らず。
本格的なやりかただとサンドブラストかけたりするらしいのですが、そこはホレ、アマチュアですから、はじっこからえっちらおっちらとブラシをかけていきます。

Dsc01192と一口で書けば一瞬ですが、一箇所に20往復、だいたい面積の3分の1で1時間(!)。この写真はちょうど2時間経過した時点です。上半身の過酷な運動が普段の運動不足でたるんだ体を直撃し、除去されたレイタンスが空気中を舞い鼻腔を刺激します。ついた膝も痛み出し、座れば腰も悲鳴を上げます。はっきり言ってフツーの人はやるもんじゃありません。でも乗りかかった船、下りるわけにもまいりません。こうなったらとことん付き合うのみです。

Dsc01195そんなこんなで3時間の苦闘を終え、床に残ったレイタンスのかすを箒で掃きだします。正直、ワイアーブラシではじっこまできっちり除去する気力も体力も(今は)ありません。でも、どうせ隅のほうは物を置いたりして見えにくくなるし!なーんて言い訳だけが頭をよぎります。

Dsc01196助っ人頼むなら、塗るときよりもこのタイミングだったのかな?なーんて痛感したりして。
あ、でも、ものすごい達成感だけは味わえます(笑)
写真ではわかりにくいのですが、端との色の違いで自分の努力の成果を確認できます。

| | Commenti (3) | TrackBack (0)

maggio 19, 2007

事前準備

今日はAM出勤となってしまい、塗装計画は延伸です。
ちょっと余裕もできたことだし、レイタンス除去のための下準備というか、効率的にすすめるための投資を少しばかり。

20070519184842右側が特大ワイアーブラシ。特大の取っ手もついていて、広い面積でも作業がはかどりそうです。
グラインダもあるので電気の力を借りることも考えたのですが、お世辞にも広くはない住宅街、隣近所への騒音を考えて手動を選択することにしました。
ハンドパワーを効率よく伝えるため、作業用グローブも思い切って新調しました。ぴったりフィットしていい感じです。クルマをいじるときも、ついつい指先の感覚がもどかしくて手袋を取ってしまうのですが、これなら安全を確保できますし、いいですね。

20070519185215調子に乗って100円ショップでこんなものまで。
バキバキ破壊しても惜しくないラジオペンチと、USBから給電する携帯充電器。
モノを大切にするココロが大事なのは重々承知の上ですが、お得感は強いですね。やはり。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

温泉に浸かった宰相

20070518201240今日は旬のアスパラガスでビスマルク風に。
イタリアンの定番なのに、なにゆえ鉄血宰相の名を冠しているのかは定かではないが、これがうまい。
今までは半熟卵でやっていて、それはそれで旨いのだが、やはりこの温泉(ゆせん)たまごのねっとり感にはかなわない。

いかなる理由でも戦争はNGだけど、こんな日独伊三国同盟ならいつでもウェルカムだ。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

maggio 17, 2007

ゆせんたまご

20070517204505帰りに某電鉄系百貨店の催事場にて入手。
温泉卵じゃん、と思って「これください」とおばちゃんに申し伝えると

「はい、ゆせんたまごですね!」

・・・ゆせんたまご?

パッケージを見てみると、たしかにそうルビが振ってあった(笑)

20070517205053肝心なお味ですが。
茹で加減が絶妙です。
白身はほろほろと崩れ落ち、黄身はねっとりとクリーミー。
温泉成分がほのかに香って、心なしか塩気も感じられます。
今日はそのままいただきましたが、明日以降はバリエーションを愉しもうかと。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

maggio 14, 2007

ジャケ買い

20070514184036高原書店にて入手。
1962年のL'AUTOMOBILE。
PEUGEOT404とCitroenDS19の比較です。
なんと贅沢な悩みでしょうか。このおじさん。
ワタクシも悩んでみたい、なーんて。


20070514203253実は、この裏表紙にグッときてしまいました。
AMI,4,2CVのトホホ顔、ナイスです。
肝心な本の中身からも、当時のモータリゼーションが濃厚に伝わってきます。
これで500円なら、格安でしょ?!

早くコレ(ら)を飾れるところをなんとかしなくては。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

maggio 13, 2007

ガレージ塗装計画立案

世の中ではいろいろ魅力的なイベントが目白押しなのですが、今回に限っては心を鬼にして家の中を片付けているのであります。
納戸も無事洋服ダンスにアクセスできるようになりました。ガレージに納まるべきガラクタどもを押し込めておりますので、これらが片付けばだいぶすっきりすることでしょう。2階の一室も、ワタクシ所管のものはほぼ消え失せました。あとは妻の頑張りを待つのみです。
やっとめどが立ちそうなので、ようやくガレージ床塗装の計画を練ることにしました。ざっと工程と所要時間は

1.下塗り(1時間)
2.乾燥(半日)
3.上塗り1回目(1時間)
4.乾燥(2時間)
5.上塗り2回目(1時間)
6.乾燥(2時間)
7.トップコート(1時間)
8.乾燥(3日・完全硬化)

1から5までは、詰めてやれば1日でいけそうです。もちろん事前に養生して、朝一から塗りに入れることが前提ですが。そうすれば週末の土曜日に塗っておいて日曜にトップコートで仕上げればそのあとは待つだけですから、家族に対して最低限の後ろめたい思い(笑)で済みそうです。

ひとつ気になっているのが、打設直後のコンクリートにはレイタンスという泥質の薄膜が表面に形成されるそうで、これを除去してからでないとどんな高級塗料でも一撃で剥がれる、とのこと。このレイタンスを除去するに、ワイアーブラシやヤスリで、とのことですが、たかだか19平米でもこれを人力でというのはちょっと時間がかかりそうです。ひとりでやれば半日仕事かな?

さすがにぶっ続けでやりとおすのはしんどそうなので、まずは養生とレイタンス除去で1回目の土日、本番の塗装で2回目の土日、ということになるでしょうか。塗装そのものは天候にも左右されそうですから、梅雨入りするまでには終えたいです、ハイ。

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

maggio 12, 2007

東西上屋倉庫

横浜税関そばの東西上屋倉庫にあるお店に椅子を探しに。

20070512133116横濱コレクターズモール(明日で営業は一区切りし、シルクセンターに移転するそうな)やザ・トゥルーといった店を徘徊するも、目当ての品にはたどり着けず。

同じ倉庫内に、アルピーヌの看板が見えたりかつて剣サンとTOKIO長瀬君がテレビで対談していたバイクショップなどもあり、面白いといえば面白いのだが。

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

おおぎ@関内

横浜方面に椅子を探しに。まずは腹ごしらえから、ということで、JRを挟んで横浜市庁の反対側にあるうどん屋へ。

20070512122336こちらの鴨せいろも2年ぶり。噌煮込みうどんにしようかともマヨったが、この暑さじゃやっぱり冷やしでしょ!ということで。でもこのつけ汁、メチャクチャ熱いんです。しかも鴨肉がこれでもか!というくらい入ってます。これがうまい。しかも、トッピングでついてくる大根おろしとわさび、これも一見たじろぐのですが、ちょうどよいアクセントとなるのでありますね。
ムスメは我々からとりわけたうどんと、おでんの大根を食べてご満悦。おでんのそのほかの具(ちくわ、さつま揚げ、卵、昆布)もじっくり煮込まれていておいしゅうございました。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

maggio 10, 2007

もやし

20070510131223船橋市内にて。
一見、普通の中華屋です。
しかし、非常に悩ましい看板が出ています。
千葉在住時からずーっと気になっていたのですが、
今日やっと写真におさめることができました。

20070510134123画像中央をご覧ください。
「もやし 500」、勢いのある毛書体です。
どれだけの量のもやしが供されるのでしょうか。
はなわもびっくりの「雪国もやし」を使っても、
500円分のもやし、相当なボリュームのはず。

20070510134134なーんて、冗談です。
子どもの屁理屈みたいなこと言ってすいません。
つい、ツッコミの血が騒いでしまうんです。
正解は「もやしそば 500」。
値下げ中らしいです(笑)

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

サールナート@大神宮下

妻の元同僚の出産祝いに千葉まで。通り道にあるこの店に寄らずに帰れるか!ということで、ムスメを連れてほぼ2年ぶりの来店。
20070510134548相変らず素晴らしいナンの焼き具合。外はパリッ、中はモチッ、というのは何とも凡庸な表現なのだが、これ以上の言葉が見つからない。いや、これ以外のナンにこのような表現を使ってはならない。そんな気にさせるのであった。
カレーは2種類からチョイス。ワタクシはバタークリームチキンとマトン、妻はエッグベジとチキンをオーダー。これまたどれも素晴らしく美味いのだが、2年ぶりのバタークリームチキン、妻とムスメ(!)の3人でシェアできることのなんと幸せなことか。シェアしたおかげでナンが足りず、慌ててもう一枚オーダーすることに。しかし焼きたてはなおさらうまい。

帰り際に店主に「また来ます」とご挨拶。どうやら我々のことを覚えていてくださったようで、近くにいられないのは何とも心苦しい限り。

| | Commenti (0) | TrackBack (1)

maggio 09, 2007

給油3回目

20070509192745182キロ走行で7.12リットル。リッター25.56キロ。

長距離乗ったわりには燃費が伸びず。
通勤距離が短くなったから、こんなもんかな?

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

maggio 08, 2007

住民基本台帳カード

20070508190343やっとこさ作ってみました。
職務上必要でもありますので、ね。
引越はもうしないつもりですから、これで住民票スタンプラリーとかしましょうか?(ウソ)
公的個人認証も使えるように設定しました。
確定申告自動車保有関連手続のワンストップサービスにも使えますので、意外と身近かと思います。

惜しむらくは、クライアントがVista非対応なこと。
でも、国策ですから、そのうち対応するでしょう。

| | Commenti (0) | TrackBack (2)

maggio 07, 2007

補助金

20070507202826せっかくですから、出してみます。
というか、今まで出していませんでした。
よく見てみたら、ヒートポンプ設置前に出すべきだったみたいですね。
まあ、言い訳はこれくらいにして、行動あるのみ!

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

maggio 06, 2007

あめあめふれふれ

20070506181235唯一引越のご挨拶ができていなかった、2件お隣の若夫婦世帯へ。
雨が降っていたので、ムスメにもはじめて傘を持たせていくことに。

呼び鈴を鳴らすと、奥様が登場。5ヶ月の娘さんがおられるそうで(ご主人が子守り中だそうだ)、うちのムスメをみてちやほやと誉めそやしてくれる。齢も近いし、よい仲間になっていただけそうでありがたい限り。

可愛がられてご機嫌、と思っていたわがムスメ、帰ってからおやつの芋が熱かったのか突然泣き叫びだす、かれこれ1時間絶叫し続け、ついに声が枯れてきた。そろそろ風呂に入れるとしますか。あーあ。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

故郷の味

家を見に来る、という建前で、実は孫の顔が見たいうちの両親と妹が来訪。
いつもたくさんの土産をくれるのだが、お昼に早速いただいてみることにした。

20070506134349山菜おこわ。
母が給食のおばさんをしているので、そこでの余りもの(笑)かと思われます。ところどころ蒸しあがりにムラがあるところもご愛嬌。久々のもち米の味を堪能いたしました。なめこと鶏肉のアクセントもすばらしい。

20070506134420こちらは蕗の煮物。
砂糖は使わず味醂と醤油で煮てあります。
子どものころは、なんでこんなもんが、と思っていたのですが、いつのまにか心の底から
「うまいなぁ」
と思えるワタクシは、確実に齢を重ねていますね。

どちらもムスメには食べさせられない、大人の愉しみであります。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

赤線

20070506180505パンダがアイドル不調(始動直後ぐわんぐわんと不安定で、信号待ちのアイドリングも若干の波が感じられる)で、以前も対策したインジェクションの詰まり対策のため、これをいれてみました。前回はワコーズだったのですが、今回はたまたま気が変わってレッドラインに。意味はあまりありません。たまたまそこにあったから、かな?
そもそも安いケミカルに頼ること自体が不本意なのですが、出先で止まってしまっては本末転倒。10万キロオーバーの暁には本格的クリーニングを奢ってやろうと思いつつ、ガソリンタンクに赤い液体を注入します。
注入後ろくに走っていないので、効果はあまり体感できません。とりあえずしばらく様子をみてみて、詳しいインプレを書いてみようかと。

| | Commenti (5) | TrackBack (0)

0123

このカテゴリに入れるべきかマヨったのですが。

Dsc01183リビングから「0123」のマークの段ボールが姿を消しました。
やっとこれで当初の目論見どおりの広さです。
とはいえ決して広いとはいえないリビングですが、
我が家にとってはちょうどよい空間です。

ということですでにお察しの方もおいででしょうが、
納戸と北側寝室の片方はタイヘンなことになってます(笑)

あ、Dottoreに
「あれだけのものが今までの家に入っていたなら、(居住スペースが確保できて)奥様もさぞかしお喜びでしょう」
と言わしめたガレージも、バイクとクルマと工具箱と、転用のために一時的に置いてある棚類しかありません。
和室も押入れに十分な余裕を有しております。

| | Commenti (2) | TrackBack (1)

maggio 05, 2007

プチツーリング

昨日の対策の検証を兼ね、狩場の図書館までひとっ走り。
ちょうどよい暖かさの中、R16を南下。10キロ以上走ってからアイドリングが低くなり一瞬焦るが、ストールするほどではない。すこぶるご機嫌な片道40分のプチツーリング。

懸案の漏れもなく、晴れて某図書館にてお披露目と相成りました。みんななんだかんだで2スト好きなんだから。

ところで、道すがらRZとKSRの2ストコンビとランデブーしていたのですが、信号待ちで2台ともアイドリングストップしいているんです。しばらく2輪界から遠ざかっている間に、アイドリングストップは浸透したのでしょうか。軽い浦島状態です。

| | Commenti (3) | TrackBack (0)

施主表彰式

アルフィスタで一児の父で、なによりもCentro師設計のお宅を我が家より一足先にお建てになった、というよりも、我が家がいろいろお話を伺わせていただいたN邸の「施主表彰式」にお招きいただき家族総出でお邪魔することに。
Centro師と一緒に到着すると、すでにいつもの仲間が勢ぞろい。要は楽しく呑みましょうよ、ということなのだが、10人以上の大人を収容できる広さと快適さを兼ね備えた住まいに感銘し、施主ご一家のあたたかさに感動し、ことあるごとに集まってくる愛すべき仲間たちに感謝しつつ式典がスタート。

施主ご令息より直筆のCentro師似顔絵入り表彰状贈呈。幼稚園の年少に入ったばかりなのによく特徴を捉えていてびっくり。言葉遣いもしっかりしていて、うちのムスメの世話もすごく看てくれるし、将来有望な若人。僭越ながら我が家からも記念のトロフィーを贈呈。3.0V6のピストンに蛇のオブジェの乗っかったもので、ムスメに持たせたのだが落としたら新居の床に傷がつくこと必至。結局くっついていって手を支える始末。トホホ。

うまい焼酎とうまい料理に舌鼓を打ち、いつもの仲間とわいわいがやがや。途中、Centro師のAlfaRomeoChallenge車載映像上映会もあり、非常に楽しく酒が進む。ムスメも好物のえびせん食べ放題でご機嫌。妻も施主ご夫人といろいろお話でき、よい刺激を得られた様子。昨日一番大変だった二人、どこかで労ってあげないと。

20070505065422帰り際にいろいろいただいてきたもの。
焼酎好きな施主(これを見れば誰だかわかるでしょ?って、もうわかってるか)からどどんと一升瓶と、ムスメの誕生日プレゼントにビブのヘルメット。ビブ好きなムスメ(というか一家)にはたまりません。さらにご令息がご卒業なさったおもちゃ類一式(写真に納まらないもの多数)。本当にありがたい限り。

うちも早いとこ片付けて、皆さんをお招きできるようにしなくては。

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

maggio 04, 2007

NewPC

20070504104407環境も移行して、やっと落ち着いて使えるようになりました。
Vistaの操作性にはまだ慣れが必要ですが、やっぱり快適です。
EnterキーやBackSpaceキーの右横にもキーがありますが、意外とミスタッチは少ないですよ。

今まで使っていたツールが、結構Vistaに対応していないのが困りますけど。
特にケータイやビデオのリンクソフトあたり。
各社対応はしてくださるようですので、安心していますが。

| | Commenti (2) | TrackBack (1)

リーク対策

昨日原因究明までこぎつけた(大袈裟?!)キャブヒーターのホースの対策をば。
対策、って言ったって、何らかの原因で消失したホースクリップをくっつけるだけなのですが。
さいとうさんのハイトコレクターからのLHM漏れに比べれば難易度は格段に下です(笑)
昨日外装を外してあったおかげで、この作業自体はすこぶる順調に行えました。

20070504070815まずはエアインテークを外して作業スペースを確保。これでホースにアクセスできます。ホースは簡単に外れました。これではクーラントも漏れるはずです。一回手前側に逃がして、どのサイズのクリップが合うかを確認。7ミリがちょうど合うようですのでこれをあらかじめホースにつけておいて、元通りに組みなおして完成。本当はもう少ししっかりしたクランプでやりたいのですが、まずは応急処置を優先します。
しかしこのホース、ボディの奥側でアクセスしにくいことこのうえなく、さらに今までの漏れのおかげでまわりはベトベト。恒久対策完了後にしっかり洗ってあげなくては。

念のためクーラントを全部抜いてみると、過去注入されたと思われる漏れ止めや錆びが大量に出てきました。ざっときれいにした後でヤマハ純正のクーラントを入れて試運転。通勤経路の往復後しばらくアイドリングしてみましたが漏れはピタリと治まっています。
予想が当たって対策も効いている、アマメカ冥利に尽きる瞬間です。

| | Commenti (2) | TrackBack (1)

maggio 03, 2007

キャブヒーター

なるものがついていようとは、今日の今日まで思いつきもしませんでした。

クーラント漏れの原因を探るべく、朝食後からアプリリアのカウルを全バラ。これに思いのほか時間を要し、被疑箇所の筆頭であったエクスパンションタンクにアクセスできたのは11時半過ぎ。しかし、あれだけ盛大に漏れているのにその形跡がまるでありません。

もう一度水廻りの経路を確認しようと覗き込んだそのとき、ヘッドからキャブのてっぺんにつながる一対の黒いホースが。もしやと思い調べたところ、どうやらクーラントをキャブに廻して暖めているようです。確かにクーラントはキャブからも滴っていましたし、なんとホースクランプがなくなっていて(!)指でつまむとユルいではないですか。
正体見たり!とホースクランプを買いに近所の2りんかんへ行ったところでタイムアウト。続きは明日のお楽しみ、ということで。

作業中、お隣の息子さん(とはいえワタクシより年上ですが)も出てきてヴェスパを洗車。時折お互いのバイクを見つつ雑談に花が咲く。彼はピカピカのPX200で、セルやFディスクブレーキなど、クラシカルな風貌に似合わずイマドキな装備も備えていて、ちょっとうらやましい限り。
ヘルメットも同じMOMOですよね?というネタは、今度お会いした時のためにとっておきますか。

| | Commenti (0) | TrackBack (1)

地デジ

Dsc01180実は従前よりずーっと頭を悩ませておりました地デジ対応ですが、結局DVDレコーダとUHFアンテナ、BS/CSアンテナを購入することにしました。
リモコンも細長く、ひとつに集約もできます。液晶テレビもいいのですが、ブラウン管テレビもまだまだ現役。今まで使っていた部分の画面焼けが目立ちますが頑張って貰わねば。

屋上から周りのアンテナの向きを読んで、適当に設置(笑)
はじめは民放キー局しか映らなかったのですが、チューニングを重ねた結果しっかり映るようになりほっと一息。
アンテナのほんの少しの高さの違いや、配線の長さ(損失を抑える)で全然映りが違います。
ポールの下に線の余長がありますので、落ち着いたらここもカットしましょうか。

ちなみに、屋上の防水シート、雨で濡れているとハンパじゃなくスベります。
何か上に敷きたくなるくらい。って、あんまり上に置かないほうがいいんだろうなぁ。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

今日の現場83

Dsc01182最後の仕上げで、残りのブロック積みを。
お隣との境界部分はモルタルで埋めていただきました。
奥には侵入防止用のフェンスもついてます。
さて、ここに何を植えましょうか。
日当たり悪くても、ほったらかしておいても育つ屈強なやつがいいですね(笑)

これにて「今日の現場」シリーズは終了!と宣言したいところですが、
門柱につく表札の仕上がりが今月中旬となってしまいました。
が、一応一区切りとして、これからは別カテゴリを作ろうかと思案中です。
タイトルは、これから考えます。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

« aprile 2007 | Principale | giugno 2007 »