« 冷蔵庫 | Principale | 給油2回目 »

gennaio 31, 2007

今日の現場12

20070131075314朝寄ってみましたらば、すでにK山工務店さんが作業中。型の縁にこびりついたコンクリをこそげ落としたりしておられたようです。まだ打ったばかりのコンクリートはまさに「生乾き」。これから1週間乾かすわけですが、ちょうど雨も降らず冬晴れの予想。よかった!
気温が低いと強度の増し方が遅くなる(専門用語だと「水和反応が遅れる」というらしい)ので、冬場は強度を高めたコンクリートを使うんだそうで、果たして設計基準強度はどれくらいなんでしょう?基礎の耐用年数も変わってくるらしいので。

|

« 冷蔵庫 | Principale | 給油2回目 »

Commenti

Centroさま

想像しています。毎日。

基礎の件、スペックオタクではありませんが、少なからず気になります(←おいおい、オタクやんか)
急ぎませんので、ご確認ください。

追伸 本名(?)でのコメントもアリですよ(笑)

Scritto da: かまの@nuova super | febbraio 06, 2007 a 09:35 p.

またまた書き込みさせて頂きます。

弊社の基礎の設計基準強度は24N/mmです。これで60年以上の耐久性能が出せます(JASS5による)。ただし、現場では、通常余裕を見て27N/mmのスペックの生コンを打設しております。(どんな工業製品にもバラツキはありますので・・・某イタリアの車ほどではありませんが(苦笑))

更に冬の時期は30N/mmに上げて対応する事もありますが、昨今の温暖化された冬では、そこまでは必要ないように思います。実際どのスペックで打設したかは、工事担当に確認しておきます。ちなみに30N/mmですと100年の耐久性があると言われております。

また、それ以上に大切なのが、サンプルでの強度確認です。これも後日ご案内できると思います。

目には見えませんが、型枠の中では、赤ちゃんコンクリートが、大人コンクリートへと逞しく成長してるとご想像ください。(喩えがイマヒトツでしょうか?)

Scritto da: Centro | febbraio 05, 2007 a 09:43 p.

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)




TrackBack

URL per il TrackBack a questo post:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31635/13732275

Di seguito i weblog con link a 今日の現場12:

« 冷蔵庫 | Principale | 給油2回目 »