« 風邪 | Principale | カフェジュリアのステッカー »

novembre 19, 2006

オール電化

横浜そごうの9階にあるテプコプラザ横浜まで行ってきました。オール電化にするか否かを見極めんと、というのがそのココロなのであります。

20061119045026「火のないところに煙は立たぬ」が信条で、イヒ、いや、IHクッキングヒーターなんて眉唾だろう、なーんて思っていたのでありますが、いろいろ話を聞いてみると使い勝手も悪くなさそうだし、「いったいどうすんねん!」と思っていた「海苔を炙る」(おいおい、これだけか)という懸案も、ラジエントヒーターで解決しそう。しかもランニングコストは安いし、ローンや火災保険の割引も魅力的。なにしろ夏場の厨房が暑くない、というのがちょっと革命的かも。イニシャルコストが高いのと(4年でペイできるとのことです)、耐用年数(10年はもつ、とのこと。原理的に似ているエアコンと同レベル?)が心配ですが、これはちょっと乗らない理由が見つかりません。

20061119044905いろんなパンフやおまけもいただきました。補助金やキャッシュバックもあり、まさに磐石の態勢。途中ぐずりはじめたムスメも、おもちゃをもらって「かわいいねぇ」とおだてられてすっかりその気です。帰りの車内で

「あぃえぃち」

などと口走る始末。我が家の敷地内にガスの配管はないし(隣接道路から引っ張ってもらうだけですが)危うし、妻夫木君

|

« 風邪 | Principale | カフェジュリアのステッカー »

Commenti

kanzaさん

直火でないのは最大の火事対策ですよね。
我が家の鍋釜もそろそろ耐用年数を過ぎており、ちょうどよい買い替えタイミングなのかもしれません。

たぁ坊さん

和建築には空気の乾燥は厳しいですね。なるほど。
うちはオイルヒーター派なので、乾燥はあまりせずに済んでいます。
でも、立ち上がりの遅さと驚異の電力消費はどうにもならんですね。

Scritto da: かまの@nuova super | novembre 22, 2006 a 05:44 p.

あ、妻夫木くんのフォローもしとくと^^;
個人的には暖房はガス温風ヒーターの右に出るものはありません。冬の朝、あの適当に湿った温風に包まれる幸せは。。。(笑)

Scritto da: Kanza | novembre 21, 2006 a 04:02 p.

ボロ屋は何しても寒いです(泣)。
特にお御堂の暖房は化石燃料じゃないと空気が乾燥してしまい仏具とか漆器はおろか建物自体がダメになってしまいます。

オール電化は火の扱いが無い分良いと思いますが、漏電して火災が起こるのが怖いので屋内配線の引き直しが先ですよ(笑)。

Scritto da: ほんだ | novembre 21, 2006 a 04:01 p.

我家は水周りはオール・ガス(ダイニングキッチンの冷暖房もガス)だったんですが、擬似2世帯住宅化する際に専ら安全上の理由で母親のキッチン(増設分)だけIH化しました。(これだけでも電気代3%割引にはなりますし)
2年あまり使ってみてガスに比べて特段の問題は無いようで、IHの為に鍋を買い換えたりというのも殆ど発生しなかったようです。火力そのものはガスより立ち上がりが強力でお湯を沸かす時間は確かにかなり短かいですね。(モーターと内燃機関みたいな関係?)
煮炊きして部屋の温度が上がらないかは?ですが、エアコンの効きの悪さを感じないということは実際ガスよりは多少有利なんでしょうね。

Scritto da: Kanza | novembre 21, 2006 a 03:44 p.

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)




TrackBack

URL per il TrackBack a questo post:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31635/12739154

Di seguito i weblog con link a オール電化:

» オール電化リフォームのコツ [ヤマダデンキ 電化製品、流行情報のサイト]
■無料レポート■ S.A.建築デザインのオリジナル特別レポートです。 女性の一級... [Continua a leggere]

Registrato in data novembre 24, 2006 a 08:25 p.

« 風邪 | Principale | カフェジュリアのステッカー »