« 久々の立ち往生 | Principale | 折り合い »

agosto 07, 2006

Bugler's Holiday

今日は休み。暑くてナメクジのようになっていると、朝も早よから呼び鈴を鳴らす者あり。
なにかと思えば、ヤフオクで1諭吉で落札したケノンのビューグルが届いたのでありました。

ケノン(Couesnon)はフランスの往年の総合楽器メーカー。フルートの巨人マルセル・モイーズが愛用したことでも有名なのだが、現在はジャズ屋さんがフリューゲルホルンを使うくらい(音程は最悪だ)で凋落の一途(一応会社は存続しているらしい)。

じゃあなんでそんなブランドの楽器が欲しいのかって?

20060807104116_460これが何ともいえない温かい音がするんですよ。ただし完全な状態であれば。でも、ウン十年前の楽器がまともに残っているわけがなくて(あったとしても博物館クラスのミントコンディション)、骨董というかガラクタ同然の楽器がほんのたまに出てくる程度。逆にそんな状態だからワタクシでも手が届く値段なんでありますね。現にこのケノンのコルネットも1万フラン(≒1.8諭吉?)で手に入れたし。

20060807103649_463ということでいそいそと開封。あちこち凹んでいるけれども、マウスピースはちゃんと着脱可能。マウスパイプが固着しているのは致し方なし、かな?軽く吹いてみて、Bb管であることを確認。
20060807103716_462ベルの刻印を見てみると、すでに手持ちのケノンのコルネットと微妙に違います。このあたりの時代考証のために、あれこれ調べ物をして見つけたページがこれ。一番下の丸印の中の数字が、製造年の下二桁なんだそうで。ということはこいつは売主の言うとおり1937年製なのでありますね。

・・・待てよ?じゃあコルネットは何年製なんだろう?

20060807104130_459と思って確認してみましたらば”93”という刻印が。
このモデルは戦後には作られていないはず。
ってことはこいつは1893年製?すげー!ホントか?

ここいらを紐解くのって、「大人の夏休みの自由研究」、ですな。

|

« 久々の立ち往生 | Principale | 折り合い »

Commenti

ぐっちさん

>こんなガラクタ買ってぇ~。

思っていても口には出さない妻(とムスメ?)に感謝、です。

Scritto da: かまの@nuova super | agosto 10, 2006 a 03:34 p.

こんなガラクタ買ってぇ~。
なぁんて言われそうな買い物ですが、その気持ちよ~く判ります。まずは音色ですよね。

今のものにはないその音。この一音に価値を見出した投資。んで、結局は使い物にならずタンスの肥やし。

あぁどこかのバカと違い、価値ある買い物であることを願います。

Scritto da: ぐっち | agosto 09, 2006 a 11:14 p.

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)




TrackBack

URL per il TrackBack a questo post:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31635/11316229

Di seguito i weblog con link a Bugler's Holiday:

« 久々の立ち往生 | Principale | 折り合い »