« aprile 2006 | Principale | giugno 2006 »

maggio 28, 2006

エピローグ

20060528061802_251こうして野毛巡礼記の筆をおくわけだが、この間どこかで定期券を落としたらしい。ただいま再発行の手続き中。気をつけねば。

| | Commenti (3) | TrackBack (0)

お秀@野毛

なんだかもうよくわからずに到着。若女将と同名の芋焼酎「千鶴」のボトルを入れ、お通しらしきオクラとわかめの酢の物(らしきもの)をいただいた(ような気がする)。カウンターで隣になったsgrさんのお知り合いが何かカレーのようなものを食べていた(ような気がする)。
20060526224235_252あとで気がついたのだが、こんな写真が携帯に残っていた。見よ、燦然と輝く"sgr"の文字を!(笑)

| | Commenti (1) | TrackBack (1)

第一亭@野毛

ホッピー仙人をでたところからすでに方向感覚が麻痺しだす。が、呑むほどに酔うほどにsgrさんの歩みは早さを増す。暫く歩いて第一亭に到着。チート生姜炒め(コレが臭みがなく絶品!)とホルモン(こちらも負けずにうまい)を老酒で。老酒呑んだのなんて本当に久しぶり。意外や意外、クイクイとふたつ入ってしまった。
マイホームや細君に対する運転指南など、先輩の有難いお話を伺った(ような気がする)。A112を駆る奥様なんてなんと素敵なことか。一方、自分では何を話したのか定かではない。

| | Commenti (1) | TrackBack (1)

ホッピー仙人@野毛

「次行ってみよう」の前にやっぱりここで一杯、ということで立ち寄り。ものすごい盛況ぶりにもかかわらず、隅っこに陣取ることができた。ここでの樽ホッピーもはじめて。「さわやかさ」をウリにするだけあって軽快な喉越し。20度のキンミヤのおかげか。これを「超」と云うらしい。
途中ルートビアのホッピー割りが廻ってくる。ウィンドサーファーの友人から薦められて一口呑んで以来なのだが、「トクホンの味だ」といった言葉に皆が呼応してくれたのがなんだか妙に嬉しかったりして。しかし矢継ぎ早にお客がやってくる。凄い店だ。

| | Commenti (1) | TrackBack (1)

大衆@野毛

sgrさんのお誘いで野毛までひょこひょこ繰り出してみることに。約束の時間に一時間ほど遅れたため、iiさんとバトンタッチ。

今回のテーマはズバリ「内臓系」。ということで一軒目は焼肉大衆へ。カウンターに陣取り樽ホッピーをぐびりぐびりとやりつつホルモンとジンギスカンをオーダー。脂のほどよく残ったホルモンの甘露なることこのうえなく、〆のシビレはあまりにも濃厚。
互いにあまり肝心なロメオに乗る機会も少ないことを嘆いたり、ムスメの写真を見せ合ったりと、子持ちアルフィスタの宴はこうして幕開け。ムスメさんの発育振りを訥々と語るsgrさんの口からさらりと「パーセンタイル曲線」なる単語が出てくるところに、彼の研究者らしい一面を垣間見た。

| | Commenti (0) | TrackBack (1)

maggio 24, 2006

雨宿り

今日の夕方は凄かったですね。雨と雷。

結局濡れてしまったのですが、少しやり過ごせば小降りになるかしらん?と成城石井に立ち寄ったらば、まんまと、というか、しっかりとお財布の紐が緩んでおりました。

20060524211049_247イリーのダークロースト935円、ユジャロン(柚子茶のもと、というか柚子マーマレードのようなもの)930円に加え、レジのそばにあったコレ「唐からしふりかけ」318円を買ってしまいました。

「唐がらし」でなく、なぜ「唐からし」と濁らないのかはさておき、少しかけただけで充分にごはんがおいしくいただけるコストパフォーマンス以上に、あんまりお高くないお味が最高です。

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

maggio 23, 2006

グリーンフィンガー

487290155x09lzzzzzzz前から欲しかった本を買いました。これです。
ガーデニングの本場英国では、 園芸の才能のある人の事を「グリーンフィンガーの持ち主」と言うそうな。
盆栽を愛するワタクシの父は、充分に「グリーンフィンガーの持ち主」なんでしょうが、果たしてその才能が遺伝しているかどうか?

先日とっておいた南瓜の種に加え、4年前にとっておいたゴーヤーの種を水につけてみました。
過去2回の引越しの際にも捨てられずにいたのも何かの縁、ここいらでパッと一花、じゃなかった一芽(?)出させてみせようかな、と思ったりして。
硬い殻は、そう簡単に水を吸ってはくれません。ついつい種をつまんでいたら、

「ペチッ」

といって、殻にひびが入ってしまいました。

・・・せっかちな気持ちをいさめることからはじめなければいけないようです。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

maggio 22, 2006

とってもいい

昨日、実家に寄ったときのことです。
アシモ並みの二足歩行をするようになった我がムスメ、最近手当たり次第にモノを口に運びます。
ちょっと恥ずかしいのですが、拾い食いまでします(笑)
危ないので無理やり口をあけようとすると、必死の抵抗が待っています。
妻はムスメに自慢の前歯で齧られました。歯って恐ろしい。

我が家は(妻の努力の甲斐あって)鉄壁の守りを貫いておりますが、セキュリティレベルの低い我が実家、特に薬(やたらに多い)を手の届くところにたくさんおいてあるので、以前から

「何とかしてくれ」

と申し入れておりましたらば、なんと新しいサイドボードを購入し、ほとんど全てがそこに放り込まれておりました。テーブルの上もきれいさっぱり。だいぶ改善のきざしがみられます。

Img7d620afa910eこのサイドボードを見て、正直驚きました。取っ手が出っ張っていないのです。ツライチ、とまではいきませんが、充分でしょう。まだまだ不安定な我がムスメの歩み、いつコケるかもわかりません。そんなときにぶつかっても大丈夫なように、という配慮でしょうか。少し胸が熱くなりました。

「すげー、平らだよ、すげー」

と、喜んで扉や引き出しの開け閉めをしているとうちゃん(ワタクシのことね)の姿を見たからか(?)、今までは引き出しを開けられなかったムスメが、なんともあっさりと引き出しを開けてしまいました。

成長はうれしいものの、新たなるセキュリティ対策を講じる必要がありそうです。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

maggio 21, 2006

プチ整備

20060521070434_236かねてよりの懸案でありました、パンダのルーフロックキャッチの交換を試みました。Wサンルーフ付きのパンダ乗りなら定番のトラブル(というよりも「出来事」レベル)です。うちのも5年前に経験済み。でもしかし、なんで前回換えた後ろ側のキャッチが壊れるんでしょう。前のはいまだに健在です。しかもこんなのプラじゃなくて金属で作ればいいのに。

前回の交換で工賃を5000円も取られたので(ちなみに、パーツ代は700円(笑))、リベッター買った方が安いじゃん、と思って自分でやってみることにしました。近所のホームセンターで1300円の一番安いリベッターセットを買ってきまして、リベットを揉んで外して、新しいリベッターでいざ!とやってみたのですが、残念ながら新しいリベットの長さが足りずうまく固定することができません。またホームセンターに行ってリベットだけ調達しないといけません。ここのところが素人整備の浅はかさ。結局今日はまた針金でくくりつけたまんまです。

20060521070502_235もうひとつ、ドアの内張りを留め具です。ウィンドウワインダーの交換でさんざん付けたり外したりしたのでもうボロボロ。ただでさえ隙間だらけなのに、風きりや共振のノイズでいちだんと騒がしくなってしまっているので、これをもとに戻してみようかと。内張りもドアパネルに「ピタッ!」とひっついて、もとのチリのあった姿に戻りました。いつも高速に乗ると「隙間風効果」で室温が下がるのですが(笑)今日はフューエルワン効果の検証も兼ねた実家日帰りツアーですので、早速その効果を実感できるかも?

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

maggio 20, 2006

架け橋

ここのところ雨降り続きでどうも湿っぽくていけません。お部屋干しの洗濯物は生乾きだし、外に出れば靴の中の靴下まで濡れるし、クリーニング上がりのズボンの折り目も一撃でヨレヨレです。

20060520174145_222幼児のいる我が家、洗濯物の量もハンパではありません。必要に迫られて、ついにこんなところまで洗濯物を干すようになりました。さながらリトルイタリーといった風情、といえばかっこつけすぎかしらん?

今日は久々に青空が戻ってきました。猛烈に蒸し暑いのですが、風があったのが幸いしてそれでもなんとか久々にいい気分を味わえました。でも、調子に乗って夕方から買い物に出かけたらは、にわかに暗雲がたちこめてあっという間に

「ザーッ」

と一雨降られました。

20060520172430_223「ああ、洗濯物も出しっぱなしだね、やり直しだね」なーんて会話をしつつの帰り道、虹がかかっていました。写真ではわかりにくいのですが、なんとふたつ並行してかかっているではありませんか。虹なんて何年も見ていないような気がします。子供っぽいかもしれませんが、なんだかいいことがありそうな気にもさせてくれます。

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

原風景

我が職場はそれなりに交通量の多い某街道に面しているのですが、一本路地を入ると住宅街だったりします。
内勤のワタクシ、たまには昼休みにふらふらと歩いてみたりもするのですが、気になるハウスメーカーが建築中の家の進捗状況を(勝手に)確認したり、たまにブルドッグやパグの散歩にでくわしたりと、何があるわけでもないのですが結構楽しかったりします。
そんな中、街道沿いの小さなお店にたまに寄ることがあります。昔は煙草屋兼駄菓子屋だったのでしょうか、今では取り扱いはタバコと缶・ペットボトルのジュース、それからカップラーメンのみというラインナップ。街道のはす向かいには中学校がありますから、かつては部活帰りの中坊が入り浸っていたのでしょうが、少子化の昨今、コンビニの台頭や塾通いなど、このお店にとって決してよい環境ではないでしょう。土間に無造作に置かれた冷蔵ケースからペットボトルのお茶を取り出すと、奥から店番のおばちゃんかその息子が必ず出てきます。ガラスの引き戸の向こうには雑然とした生活感ありありの居間が丸見えで、いつもこたつで爺さんがテレビを見ています。

最近、何だかこの風景にやられてしまっています。決して世界遺産にも日本百景にも選ばれないでしょうが(笑)

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

maggio 17, 2006

With Us,You Can?

不具合です。

クルマじゃないですよ(笑)
ここのところずーっと、特に昨日はココログの調子が悪い
無料なのでこんなもんか、と思っていたのですが、有料組のみなさんも同様のようで、怒り心頭といったご様子。

投稿もコメントもままならず、更新も滞りがち、というわけです。

何でもかんでも明らかにせよ、とは言わないものの、早い解決を望んでおります。
「With Us,You Can.」なワケですから、ね。

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

maggio 15, 2006

New Shoes!

コストコでパンダのタイアを換えてきました。

タイヤセンターで予約している旨を申し出ると、用紙に必要事項を記入して支払いして鍵を預けたらば、それでおしまいです。小一時間買い物しているうちに(あのだだっ広い店内をウロウロしていればすぐに過ぎます)新しいタイアに履き替えられた愛車が待ち構えております。

20060514165849_218一番安いグレードのタイアでも左右非対称でして、サイドウォールにもいろいろ騒がしく(笑)能書きが書いてあります。黒光りするタイアというものは、なんだかそれだけで新鮮な気分ですね、って、このクルマで3回目のタイア交換だったりして。デフォルトのポーランド製Devicaは論外として、ミシュランのMXT→BSのB-Styleと来て、今回またミシュランに戻ってきたわけです。

20060514165904_217能書き以上にいたるところにビブ君がちりばめられておりまして、ファン心理としてはありがたいのですが。
走り始めてそのしなやかさにえらく感動。畳よりも、勿論女房よりも、タイアは新しいに限るのであります。

しかしコストコのタイアヤセンター、仕事も早いし(実質)無料で窒素ガスいれてくれるし、ローテーションは無料ということでなかなかにコストパフォーマンス高いです。専門店のクオリティと比べたこともない(というよりも、専門店に行ったことがない)のですが、少なく見積もっても、街乗りで充分にその有効性を享受できて、しかも1万8千円でお釣りが来ることのほうが重要なのではないでしょうか。

サイズが合うのであれば、これは「買い」だと思います。いかがでしょうか、諸兄?

| | Commenti (5) | TrackBack (0)

maggio 14, 2006

Where is our New Frontier?

我が家の近所で出回っている宅地のなかで、何とか手の届きそうな物件を発見。

土地22坪(狭!)で地下駐車場つき、建蔽率60%:容積率200%なので3階建てもOK、まではよかったのだが、現地を見てみるとやはり東名の即道沿い。そうこうしているうちに不動産屋の営業から入電、あれこれと話をするうちにもう一件を紹介される。こちらは建蔽率50%:容積率150%で立地はなかなかよろしいのだが、何と土地15坪(超狭!!)。
2台分のガレージ必須で近所で、となると、土地に廻せる金額を考えると必然的に3階建てなのかな?と漠然と思っていたのですが、狭い土地にビチッと建っているのを目の当たりにすると、ちょっと息が詰まりそうでもあります。このあたりをどう克服するかが「匠の知恵」なんでしょうが、ね。

両方とも、つぶすにはもったいないけどちょっと気に入らないウワモノつきで、しかも現在も居住中。
「ひょっとして今の主も住んでみたけどイマイチだから手放すのかしらん?」なーんて詮索してしまう。

夕方、手塚夫妻が某国営放送に出演、珍しく録画してみたりして。見てみるのが楽しみ。

嗚呼、我が家の新天地は何処に?

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

プラシーボ

雨でやることもなく、コストコからタイア入荷の入電もなし。そのわりに早起きしてしまったので、近所のGSで給油がてらフューエルワンを注入。

始動後すぐに滑らかさを感じたのは偽薬効果以外の何物でもないと思うのだが、確かにアクセルON時のレスポンス、ギクシャクせず廻るようになった気がする(「気がする」というのがポイント)。

午後は買い物がてらシェイクダウン。途中信号待ちでアイドリングが若干低めに出て焦るが、添加物なんぞ入れたらオクタン価だって下がるし仕方ないもんね、と自身を納得させてみる。その1回以外はまあまあ順調。このまましばらく走ってみて、きれいなガソリンを入れてみてどう変わるか、が楽しみでもある。そのためには随分距離を稼がねばならないのだけれども。

世の中のしきたりに従い、母の日のプレゼント等を購入。ワンタッチで開閉する折り畳み傘はなかなかいいものを見つけた、と自画自賛。これもある意味プラシーボなのか?
生まれて初めて宮中トッポギ、チャプチェなるものを買い求め食べてみる。両方ともわかりやすいおいしさ。魚の練り物などとともに麦酒が進み、食後は親子3人で居間で文字どおり「川の字」になって寝てしまう。起きたらこんな時間。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

maggio 12, 2006

何でも「うまいうまい」と食べてしまうのですが、自分から甘いものを買って食べることはあまりありません(年に一度くらい発作的に、というのはありますけど)。

004dolce01そんなワタクシですが、コレを見たらパブロフの犬のごとくヨダレがでてきます。我が故郷沼津「ドルセ」のプチフロマージュ。似たようなチーズケーキはそれこそ星の数あれど、コレの口溶け感にかなうものはありません。とはいえ沼津まで足を伸ばすのも、現状ではなかなかに大変なのであります。一人で朝箱、の帰りに足を伸ばす、というテもアリかもですけどね。

なーんて思っていたら、「沼津バーチャルオンリーワン商店街」なるサイトを発見。どうやら通販も請けてくれるみたいです。何だか嬉しくなってしまいました。今度注文してみようかな?

F1000494番外編で我がムスメ、パンダよだれかけでは容量不足のため、大型にリプレースいたしました。

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

maggio 09, 2006

社会復帰

休み明けの出勤にもかかわらず、朝昼晩と打ち合わせ三昧。しかし昼の打ち合わせは眠かったなぁ(もちろん寝てませんよ)。

徒歩もかなり久々。帰りはかったるいのでバスに飛び乗って楽してしまった。帰ってきてからムスメを風呂に入れ、寝かしつけるつもりが居間で一緒に爆睡。さてさて、これから晩飯です。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

maggio 08, 2006

GW

曇りだと思っていたら今日も降りだしたので一日ダラダラ。ワタクシのGWは”Garage Week”ではなく「ごろ寝ウィーク」に成り下がってしまった。

これではいかんと、クーポンがあるのを思い出しタイアを新調せむとコストコへ。残念ながら在庫がなく(MICHELIN XM1)不発に終わったが、今度の週末には入りそう。これでまた行く理由ができた。しかし155/65R13を4本、取付も処分費も込みの値段とは思えない安さ。これだけで年会費がペイできるかも。応対もしっかりしていてますます好印象。あとは組み付け精度がどうか、だ。

その他こまごまとした物、チクテベーカリーでパンを(珍しく品揃えがよい。雨降りのウィークデイだからか?)、ムスメ用品も、結局近所のスーパーで食料品とシェーバーの替え刃を買い込んで帰宅。ムスメは晩飯途中で眠くて泣き出し沈没。この一週間、一番疲れたのは彼女かも。

さて、これから晩酌。

| | Commenti (3) | TrackBack (0)

maggio 07, 2006

お疲れモード

プチ帰省、なーんて言っておいて、しっかり疲れているのであります。

懸案のパンダ君疲労回復プロジェクトも、先日は洗車とワックスであえなく断念。今日も一念発起してあれこれ買い揃えたところで雨に降られ戦意喪失。ダメダメとうちゃんの一日はムスメとの昼寝で終わってしまいました。

20060507190432_204アイドルの不調ということから、まずはインジェクションの汚れを疑ってみました。昨日で8万5千キロを走破し、その間積もりに積もった汚れもあるでしょう、ということで、ついにあやしいケミカル(失礼?)に手を染めてみます。手もかからないし、まずは明日、コレからはじめます。

20060507190458_203それからオイル交換。今回はTOTALの7500GTをチョイス。結局部分合成油にしたのと、以前さいとうさんにお分けいただいたQUARTZ5000が思いのほかよかったので(中身は違うんでしょうが)。これはあやしいケミカルを試してみて、その汚れが出きったあとでやってみます。

20060507190337_205オイルフィルターも調達したのですが、BOSCHしかありません。適合表から調べると、どうもいつもより箱が大きいようです。店員さんに断って中を検めてみましたらば、いつものサイズの(あたりまえですが)フィルターが入っており一安心。梱包・輸送コストを考えるとこうせざるを得ないんでしょうね。

20060507190550_202それからプラグもDENSOのイリジウムタフにします。これがどれだけの効果を発揮してくれるか、今から楽しみです。お値段もそれなりですしね!

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

maggio 06, 2006

プチ帰省

一泊二日の実家ツアー。両方とも全然遠くないので「帰省」と言うには少々憚られるのではありますが、可愛い孫娘を武器にわらしべ長者のごとく戦利品を持ち帰るに加えて、その他にもそれなりに楽しみがあるのであります。

20060506221221_193しばらく前からずーっと食べたかったエヌビーののっぽパン。今回は定番に加え「つぶピー」「京都宇治茶」「パイナップル」を購入。果たして何種類ののっぽパンを食べられるのか、なーんて思ったらこんなサイトを発見。今日はかったるいから明日見ようっと。

20060506185310_194アルファロメオチャレンジ観戦後、箱根の某カフェにて友人と食事。店主のお取り計らいで、我が家のお宝(勝手にそう思っている)が見事にディスプレイされており激しく感動。カレーの相変わらずの美味さにもこれまた激しく感動。

アルチャレのオンボード映像を拝見し、思わず帰り道にアグレッシブな走り(思い込み)。

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

maggio 04, 2006

PALLO

3702081a両親からのはじめての誕生日プレゼントとして、ムスメに与えました。イタリアはLECCIO(レシオ)社製のPALLO(パロ)。

構造はいたって簡単で、穴から入れた木の玉が箱の中を通って外に出てくる、というもの。小さいながらもちょっとしたピタゴラ装置のようで、なかなかかわいいもんです。木のハンマーも添付されてくるのですが、まだちょっと使うには早いかな?

20060502191742_173シンプルな構造ながら(ゆえに)1歳児のココロをわしづかみにしたようで、日々喜んで遊んでおります。彩りもカラフル。ちょっと信号機っぽかったりもして。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

maggio 03, 2006

かまってくれなきゃグレちゃうぞ

今日は待ちに待った「幕張メッセどきどきフリーマーケット」の初日。一昨年に行って以来毎年の恒例行事となりつつあるこのイベント、去年までは徒歩で10分バスで10分という近さだったのですが、今年はそういうわけにはまいりません。GWの初日の渋滞の中を幕張に向けて東進すべく家を出たのであります。

ムスメをチャイルドシートに載せ、いつものとおりパンダ君のキーをひねるのですが、威勢よく廻るセルの音も虚しくちっとも始動しません。昨日もクイーンズまで買い物に行き何の問題もなかったのですが、こういう「想定外の」出来事ってちょっと焦ります。しかも信頼性においては我が家でダントツのパンダ君においては。

ちょっとアクセルを踏み込んでいればエンジンは始動するのですが、アイドルが低いらしくOFFにするとストールしてしまいます。近所をちょっと走ってみた限りではアイドリングの低さ以外は特に問題ないようでしたので、おそらく何らかの原因でアイドル時のガス吐出量が少ないのだろうと判断し、とりあえず近所のGSまで行ってみます。ガソリン満タンにして始動すると、先程の不調がウソのように安定しているので、意を決して幕張へ向かうことにしました。結局道中何の問題もなかったのですが、ここのところジュリアに傷心、じゃなかった(齢がバレる)、かかりっきりになっていたので、ちょっとやきもちを妬いていたのかもしれません。

やっぱ、モノにはココロがあるのですね、本当に。

で、肝心なフリマですが、結論から端的に申し上げますと

「はずれ」

でした。

我が家の出足が遅い(ワタクシは早起きなんですけど)のを差し引いても、出展者(物)のクオリティが明らかに低いです。行きには小遣いの少なさを憂いておりましたが、帰りには買うもののなさを憂いておりました。まあ出品者は日替わりだそうで、もしかして我が家が運がないだけなのかもしれません。こういうの、お好きな方は是非。

道中も会場でも、ベビーカーやチャイルドシートに括り付けられっぱなしの我がムスメも、一日中(パンダ君同様)不満の雄叫びをあげておりました。帰りに立ち寄ったキ○ムラの皆様方(いつもよくしていただいて本当にありがとうございます)にはちょっとだけ愛想を振りまいておりましたが(キレイなおねえさんばかりだからあたりまえか?)、やはり

「かまってくれなきゃグレちゃうぞ!」

なんでしょうか、ネ?

ああ、明日はパンダ君のインジェクション洗浄とオイル交換、それからムスメのお守りに専心いたします(笑)

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

maggio 02, 2006

上大岡

昨日はsgrさんプロデュースの上大岡ツアーに参加してきました。
かつての通勤経路途上で、仕事で何度も足を運びましたし、妻がKQ百貨店でバイトしてたりと、なにかと懐かしい地での呑み、ちょっとうれしかったりします。旧い商店街がきれいな建物に代わっていたりもしますが、ディープなお店も健在で、少しばかりセンチメンタルな気分だったりもして。

仕事で若干遅れて(夕方に打ち合わせをいれられてしまった)の参加でしたが、suzuさんと5台を乗り継いだロメオ猛者(!)のiiさんと、楽しいヒトトキを堪能いたしました。

先遣隊はすでに2軒をクリア済みで、「上大岡の聖地」鳥佳にて合流。
コースの焼き物が軒並みおいしゅうございました。なかでも出色なのは豚レバー。エッジの立った大振りなレバーを頬張ると、文字どおり「外カリ中トロ」。「生」ではなく「レア」でして、レバー好きのワタクシはもう悶絶モノです。ほかにも矢継ぎ早に供される各種焼き物に圧倒されつつも、しっかりと胃袋におさめつつ「トランクリッドの雨漏り対策」「割ってはいけないブレーキキャリパー」などオタク談義に花が咲きます。

〆に立ち寄ったのはいづ屋。ここの豚ナンコツにんにく炒めとマルチョウ串(タレ)にもヤラれました。sgrさんの「ソト・ナカ」講義に激しく納得。角打ちコンペなるイベント(?)の実態も伺い、その妖しさにクラクラいたしました。iiさんもナカミ系にご堪能であることが判明。そんなゲストを我々が放っておくわけがありません。なんとか実現してください、1300TIプロジェクト。

駅前で別れ、suzuさんとiiさんはファンキーソウルトレインKQで、sgrさんとワタクシはィヨコハマサブウェイで帰宅。いやはや楽しいヒトトキでありました。またやりましょう。今度は初めから参加しないと!

| | Commenti (3) | TrackBack (1)

« aprile 2006 | Principale | giugno 2006 »