« ottobre 2005 | Principale | dicembre 2005 »

novembre 30, 2005

ブラザース

といえば「マリオ」とか「LL」など連想されますね。ワタクシ的には「ブルックス」なんです。「とりあえずこれ着てりゃ変人には見えないでしょ」という、ある意味免罪符だったりするのですが、いまどき段返り三つボタンのスーツにボタンダウン、お約束のレジメンタルのタイをしているほうがよっぽど奇特なのかしらん?

F1000234冗談はともかく、今日すごいブラザーズをみつけました。その名も「しいたけブラザーズ」。ふざけた名前だとお思いでしょうが、うまいしいたけを作る為に愚直なまでにこだわり続けるナイスガイ達。お店で一生懸命宣伝する彼らの熱意にグッときてしまい、思わず一袋お買い上げ。なかなかのお値段ですが、きっと期待に違わぬ味でしょう。なんでも冷凍するとよりうまくなる、とのこと。ほんまかいな、と思うのですが、たぶん冷凍する間もなく胃袋に収まっていくことでしょう(笑)

有限会社 しいたけブラザーズ
岐阜県加茂郡川辺町鹿塩983-1
Tel:0574-53-4663

| | Commenti (4) | TrackBack (0)

novembre 29, 2005

修行開始

とは名ばかりで、また呑んでたりして(笑)

F1000233帰り道に成城石井で牛乳を買ったのですが、酒売り場に足を踏み入れたのが運のツキ。「白金の露」のパックを発見してしまい、ついつい購入。ビアンキのチェレステグリーンやヴェリアの時計にも似た、意外や意外イタリアーンなカラーリング。でもこれがうまいんだな。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

novembre 28, 2005

堅め撃ち

土曜の夜は呑みすぎて、日曜の夜は疲れ果てて戦意喪失。ということで3日分まとめてドン!

土曜日は近所のショッピングモールにお買い物。日頃の育児で疲れ果て、今までではありえなかった「肩凝り」を訴える妻にはマッサージに行ってもらい、ムスメとベンチでお留守番。隣に座ったおじいさんが「かわいいねぇ」と声をかけてくれる。子どもの笑顔というのはすごいもんだ。日暮れてからアルファ乗り諸兄がィヨコハマ復帰を祝う会を開いてくれるとのことでホイホイ出席する。一升瓶がきっちり空になり、すっかり酩酊して帰宅。

んなもんだから翌朝は絶不調。こんな日に限って実家で10時から法事だったりして、頭痛を抱えながら東名を小一時間西進。読経の響く中、我がカラッポアタマの中も共鳴。読経が止むと我がムスメが絶妙のタイミングでうなり声を上げる。皆でお昼をとる頃やっと回復、久々の外食気分を楽しむ。介護ホームに入っているばあちゃんもたまの外出で楽しそうだ。興に乗って、シメの挨拶に自ら立候補。相変わらずの毒舌ぶりの片鱗を見せるナイスな挨拶であった。曰く「お小遣いをくれなきゃいいおばあちゃんじゃない」とな。流石「カネにシビア」な家系。
帰りに御殿場のスーパー「キミサワ」でコーヒーを買う。いつも行っている「南蛮屋」の支店ができたそうで、お店のお姉さんとも話が弾む。味見のコーヒーで生き返る。
F1000231F1000232店内をウロウロし、金ちゃんヌードルと寿がきやのラーメンをすかさずゲット。金ちゃんヌードルは特価で、ケースの値段まで出てました。みんな大人買いするのでしょうか?寿がきやは最近コンビニでよく見かけますが、袋のタイプははじめてです。これで我が家の夜食は安泰。ささやかなシアワセ。

F1000228今日は帰宅後、タイマー不調のデロンギのヒーターを、実家からせしめてきた新型にリプレース。不調な先代は、今後は寝室を温める役割を担う予定。デザイン的には気に入っているので、何とか復調してもらいたいものだが、どうなることやら。

F1000230一部始終を眺めている我がムスメ、どうもテーブルの下がお気に入りの模様。昨日も実家でガツンガツンとアタマをぶつけておりました。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

novembre 25, 2005

帰り道

駅までの道すがら、ちょっと寄り道をしてみました。

F1000226路地の片隅、パッと見ではよくわからないところに、「テンジンヤ」があるのを発見、猛烈に懐かしくなりました。静岡県民ならば必ずは一度はお世話になったころがあるであろうお弁当屋さんです。沼津の仲見世のお店でよく弁当買いました。特別激ウマ!ってわけでもない(失礼)のですが、長年食べ慣れた味はそう簡単に忘却の彼方へ飛んではいかないのであります。お気に入りは中華風の春雨サラダ。薄いハムとか胡瓜とか入ってるヤツです。これがしみじみうまい。
静岡以西にお住まいの方は、静岡駅手前でここんちの「ここは静岡 テンジンヤ」のでかい看板を見ると「ああ、帰ってきたなぁ」と思わず感涙に咽ぶとか。それ以外の方は「ああ、まだ静岡か、長いなぁ」と思うらしいですが(笑)

F1000227調子に乗ってもう一軒。ジーンズショップ「マルカワ」であります。生意気な中学生だった頃、はじめてリーバイスの501を買った記念すべきお店でもあります。そういえばここ何年もジーンズ買ってないや。久々に501のボタンフロントと股上の浅の記憶が蘇ってまいりました。でも、(ワタクシも含め)足の短い東洋人にはすこぶる似合わないんですが、ね。そのあたりで言えばリーも似合わないですね。お尻のポケットの位置がビミョーで、これも足が長くないと似合わない。なにげに(・∀・)イイネ! なのはラングラーでしょう。なーんて話を従兄弟としてましたが、みんながみんな今履いているのは某ユ○クロだったりして(笑)とうちゃんはつらいぜ。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

novembre 24, 2005

箱根の味

これから寒くなって箱根に行くと、コーヒーなんか飲みたくなりますね。バーナー持って行って沸かすもよし、ヤギさんの自販機で買うもよし、それぞれにうまいのでありますね。

でも「もうそんなの飽きちゃったぜ」という、ちょっと変わったモノ好きなあなたにこんなのをどうぞ。

F1000225箱根を下りていった函南(かんなみ)町にあるJA丹那(たんな)のコーヒーであります。静岡県東部にお住まいの方は、どこかで見たことがあるでしょう。「乳飲料」だけあって濃厚なミルク感は、チバ国名産として名高い練乳的甘さのマックスコーヒーに勝るとも劣らない個性派であります。パッケージにはさりげなく「交通安全」の文字が。

ドライビングを楽しんだら、ちょっと一服。近くのコンビニでも手に入りますので、コレを探しにゲームラリーなんてのはいかが?

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

novembre 23, 2005

濃厚な一日

祖母の米寿のお祝いと、アルファロメオチャレンジの観戦を兼ねて、実家方面に行ってまいりました。

御殿場ICを下りて、まず向かったのは道の駅ふじおやま。ここで売っている「御殿場のうんみゃあ味噌」と叶屋の富士宮焼きそばセットをめでたくゲット。味噌は昔懐かしい少し匂いの強いタイプ。いまどきこういうのがどこにも売っておらず、田舎育ちのワタクシには感涙モノであります。また、先日のBBQで食べ損なった富士宮やきそばも、これで自宅で楽しむことができます(笑)

F1000222店内には販売用の貸しスペースがあり、ミニカーをディスプレイしている親子を発見、いろいろと話を伺い、品物を拝見しているうちに目に飛び込んだのがコレ。DINKY TOYSのアンティークで158アルフェッタと来ればもう運命の出会い以外ほかにないのであります。ということで4千円でお買い上げ。こんなところで想定外の出費、こんなことだからカネがたまらないのだ(失笑)

F1000224そんなこんなでFISCOに到着、よく会う顔、久々に会う顔など、沢山の知り合いに出会う。プラクティスは終了したとのことだが、アウトパルコさんの163号車がトラブルとの噂を聞き心中穏やかならざること甚だし。思わずご挨拶に伺うが、今思えば傷心に塩を塗る結果にならなかったか?と反省。

そんなこんなでいるうちに正午も近くなり、FISCO至近の祖母の家へ。親戚一同総勢20名が集まる昼食会。記憶力以外はすこぶる健康な祖母、毎回会うたびに自己紹介を最初からせねばならないのが、今ではもう一種の楽しみでもある。こども世代も着々と増えつつあり、やんちゃな3歳児、まだおとなしい1歳児、かわいい0歳児など各種取り揃えてもはや託児所状態。諸先輩方の逸話を聞くにつれ、子育てとはかくも野蛮で美しく楽しいものであることを再認識。

F1000223
再びFISCOにて決勝戦の観戦に戻る。途中から観戦のうえ混走のためリザルトはいまもってわからずじまい。金子さんのお取り計らいで、あの太田哲也さんとお話+握手することができた。猛烈に感動。夕焼けにも感動。

そしてワタクシの実家により兵糧(コメ)と暖房(デロンギのオイルヒーター)を無事せしめる。夕食は近所の洋食屋さん。オーナーはSR(ダットサン)業界では有名な方で、料理もすこぶる旨い。妻の食べていたハンバーグが激的に旨かった。

そして帰宅し、ムスメをねかしつけた今、さらに濃い「カレーうどん」を摂取せむと試みるのであります(笑)

| | Commenti (5) | TrackBack (0)

novembre 22, 2005

相模大野で

旧知の友と一献。昔話や共通の上司や同僚だった人の今について情報交換。

沖縄料理屋にて泡盛をロックで呑みつつ島豆腐、ミミガー、海ぶどうなどの好物を大量摂取。至福のヒトトキ。体育会系の彼は相変わらずいいキャラで、久しぶりに屈託のない酒が呑めた。
帰りのィヨコハマ線が少し遅れ、町田駅でしばし待つ。金曜の夜だけあって酔っ払いが多い。立っていると寒さが身に沁みてくる。そろそろコートを出さなきゃ。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

novembre 21, 2005

給料日

今日は給料日でした。

まるまる一ヶ月分もらえたのは、前職の9月分以来ですから、ふた月ぶりのまとまった給与所得です!途中にもちろん退職金が入ったりもしましたが、引越代金や家の敷金やらで文字どおり「行って来いでチャラ」。我が家の家計もこれでちょっとは潤うでしょう。もちろん、ワタクシのお財布も(笑)

しかし、カネかかりますね。一時的に出さざるを得ないカネの何と多いことか!
半月ほど無職でしたので、その間の国民年金や国保、前職の団体加入で分割払いにしていた自動車保険の残額分を一括で、部屋のカーテンも結局作り直しだし、蓄えが底をつきそうです。

毎月の家賃も馬鹿にならないし、これなら家買ってもかわらないじゃん!って思うのですが、来年途中から一年間、今より家賃が一万円下がるんだっけ、こりゃ引っ越せないなぁ、って、引越はもうしばらくイイです(笑)

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

novembre 20, 2005

リアル

妻とムスメと3人で、アルフィスタの皆さんのBBQにお邪魔してきました。

若干遅れ気味で出発し、やや遅れ気味に到着。皆さんすでに始めておられ、端っこのテーブルに陣取りました。よく知った顔あり、お顔は存じ上げていても話を交わすのは初めての方あり、リアルでお会いするのは初めてな方あり、いずれにせよこの世界は広くて狭いことを痛感。北風が冷たいが、久々の秋の風情を楽しみました。
小さい子ども連れの方もおられ、それだけで会話が弾むのは我々にとって何と心強いことか。おむつ換えや手洗いの心配もなく参加できたのは主催者の心配りか、感謝感謝。

写真を撮ることも、さらには食べることも呑むことも忘れてしゃべりまくり、ケムリに燻されて香ばしくなって帰ってまいりました。ムスメも疲れたようでよく寝ています。さてさて、ムスメが起きたら一緒に風呂に入ってさっぱりしてから餃子とホルモン焼いてホッピーで一杯!

| | Commenti (8) | TrackBack (0)

novembre 19, 2005

足跡

うちのベランダに、タイアを置いておいた痕が残っています。

F1000221F1000220よくよく見てみると、「PIRELLI」「P ZERO ROSSO」の文字が残っています。前の住人はひょっとしてイタ車乗り?なーんて軽く妄想してみたりして(笑)

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

novembre 18, 2005

三度目のじまん市

F1000217今日は表向きは運転免許証の住所変更、ホントの目的は幕張メッセで開かれる「電気のふるさと じまん市」に行くために、初めて有給休暇をとりました。今年で三度目ということもあり、ムスメが小さいことも考慮して平日を選んだ、というわけです。

F1000218幕張メッセの北側のイベントホールをすべて貸切で催されるこのイベント、文字どおり北は北海道から南は沖縄まで、全国各地の物産が目白押しです。日本最大の物産展といっても過言ではないでしょう。

F1000216無事に目当てのものが今年も買えたり、去年買えなかったものが買えたり、なかなかに実り多く楽しいヒトトキでありました。ワタクシはこの「黒豚みそ」に軽くヤラれています(笑)。焼酎にも白飯にも合う憎いヤツです。そのほかにも、我が家の胃袋を満たす魅力的なモノがいっぱい。いつ来ても楽しいなぁ。

帰りに妻の古巣のデパートメントストアにてしばし雑談。いまだに仲良くさせていただいているのは妻の人徳か、周りの皆さんのお人柄か?ともかく我が家にとってはすこぶる居心地のよい場所であることは確かです。

しかし今日のココログ、不安定だなぁ(怒)画像もリンクも貼れやしない。

ということで、今(2005/11/19 10:20)画像とリンクを追加しました。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

novembre 17, 2005

怪気炎

いよいよ解禁になりましたね、ボージョレー・ヌーボー。

でも、天邪鬼なワタクシは何故か手放しでィヨロコべないのであります。
誤解を恐れずに言えば、
「果たして何人の日本人がココロの底から『ワインはうまい』と思っているのか?!」
ということであります。

もちろん、ワインも呑みますよ、美味しいと思いますよ。
でもね、果たしてこれが万人に受け入れられるものなのか?単純に踊らされないぞ!というキモチが先に立ってしまい、手放しで楽しめないのでありますね。

F1000215そんなこんなで、ワインブームに(決してワインに、ではない)対するアンチテーゼとして、今宵はビールで乾杯!なのであります。んで、とっておきの一本を繰り出してみました。
ブルックリンのモンスターエールです。バーレイワインと呼ばれる、アルコール度数の高い(11.8度!)まさに怪物であります。しかしこれが呑みやすい。
アメリカ人の食べ物呑み物なんて、とお嘆きの貴兄に、マイクロブルワリーのビールを是非お試し下さい。ベルギービールに負けるとも劣らぬ色彩豊かなミクロコスモスですぜ。

でもまだ、我が家の冷蔵庫には「とっておき」のビールが眠っているのですね、ウヒヒヒヒ。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

novembre 16, 2005

おいにい

毎朝、通勤途上のコンビニの前で散歩中のパグに遭遇します。遠くから見えたので念力を送ったら、近づいてきてフガフガと匂いを嗅がれました。

駅からの道すがら、「ピ」の神様ご降臨。職場に着く途中で文字どおり「軟着陸」(失礼)、無事成功。

日がな一日、みんなが手に負えなくなったExcelシートと格闘。「ホコリまみれの古本を紐解く」とはまさにこのこと。おかげで目がショボショボ。気合を入れて食べた魚カレーの残り香がまとわりつき、午後は集中力を激しく欠く結果に。

会社を出てすぐにまたパグと遭遇。またもや匂いを嗅がれました。

ワタクシ、そんなに匂うんだろうか?臭うんだろうか?

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

novembre 15, 2005

手作業

秋ですから、秋のものを。ということで、銀杏をつまみに一献。

F1000214銀杏はペンチで割ってから、茶封筒に入れて500Wで1分半。熱いうちに薄皮をむけば出来上がりです。
独特のほのかな渋みと豊かな甘みのおかげで、今宵も酒がすすみます(笑)

しかし、30個もペンチで割ると、結構疲れますね。それに、薄皮をむいているうちに冷めてきてだんだんむきにくくなったり。このもどかしさもうまさのうち、なのでしょうか?

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

novembre 14, 2005

お恥ずかしい

日常生活は言うに及ばず、クルマ趣味を楽しむならなおさらのこと、安全第一でいきたいものです。

F1000209プチ自慢ですが、SDカードです。ゴールド免許でもあります。でも去年の10月に、ひと月の間に2回、しかも一時停止と駐禁というかなり('・ω・`)ショボーンなコトで公安のお世話になってしまいました。お恥ずかしい。それよりも「(旧免許の期間を含む)」とあります。実は当時(大学生)初めての更新をすっかり忘れており、うっかり失効していたのでありますね。しかも一時停止でつかまったパトカーの中で判ってしまったという、コレが一番お恥ずかしい!

そんなこんなで、少しばかりココロを入れ替えて、おとなしくおとなしく過ごしまして、やっと喪が明けました。でもまだジュリアは戻ってきません。これこそ神の試練なのでしょうか?

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

novembre 13, 2005

故郷の味

静岡県の味、というとお茶・みかん・桜えびあたりが代表的なのですが、ワタクシ的にはコレ、黒はんぺんなんですね。

F1000206いわゆる「庶民の味」でして、子どもの頃から食卓によくのぼっておりました。そのままでも炙ってもよし、変わったところではこれをフライにしたりします。静岡のおでんにはこの黒はんぺんが入っていて、駄菓子屋に毛の生えたようなお店でも売っておりまして、子どものうちから慣れ親しむというスタイルになっております。

F1000207番外編でこちら、ベビースターの富士宮やきそば味。味に期待はせず、いわゆる「ジャケ買い」なのですが、甘めのソースの味が意外とイケますです。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

novembre 12, 2005

想い出は美しい

秋なのでセンチメンタルに(ウソ)

F1000202今日は従弟の結婚式でソロで三島まで。家を出たときには土砂降りの雨。こんなときに限ってバスのちょうどよいのがなく、やむなく徒歩で。案の定ズブ濡れで、ビシッと折り目正しかったスーツもヨレヨレ。靴も靴下もウェット(こいつらは結局一日乾かなかった)で先が思いやられるが、小田原を過ぎたあたりから明るくなり、富士山も見えて一安心。

F1000205天気もよく、料理もうまく、みんな幸せそうなよい式でした。従兄弟の子らも勢ぞろい、ちょっとした託児所状態で、先日亡くなったじいちゃんのDNAは脈々と受け継がれているのを実感。こうやって人類は生き延びていくのだ。

F1000203結構たらふく食べたのだが、帰りに三島駅で立ち食い蕎麦を。三島駅の伊豆箱根側(間違っても新幹線ホームやJR在来線側で食べてはいけない)の立ち食い蕎麦屋はワタクシのなかでは最高峰で、密かな楽しみだったのだが、時間が遅かったせいか麺のコシがなく残念。あまりのショックに、生で売っている麺を買う気も萎えてしまい、傷心のまま(ウソ)帰途に。想い出は美しいままが一番であった。


F1000204


冗談はともかく、研一君、美保さん、末永くお幸せに。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

novembre 11, 2005

豊かな生活?!

今日は一日渋谷で座学の研修。朝もいつもよりゆっくりで、ちょっと時間が余ったので東急の構内にあるセガフレード・ザネッティへ立ち寄ってみました。
F1000201早速エスプレッソ・ドッピオをオーダー。お店のおねえさんの「ブォンジョルノ~、いらっしゃいませ」「グラ~ツィエ、ドッピオはいりま~す」っていうカユい台詞が玉に瑕ですが、まあうまいエスプレッソが呑めるからよしとしましょう。しかしドッピオでも370円は高いなぁ。

F1000200そして帰り道、渋谷駅で婦女子に人気のディーン&デルーカを発見。スーツ姿のオッサンには至極居心地がよろしくないのだが、うまそうなパンを発見し購入。スッドカフェのコーヒーも発見するが今日は自粛。しかしクロワッサン2つとレモンクリームのパイ、トマトのチャパタで930円は高いなぁ。

ということで、少々の愚痴はこぼしつつも、少々の財布の紐のユルミも許容しつつ週末に突入なのでありました。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

novembre 10, 2005

ディスプレイ

今度の家には、壁にいろいろかけられる可動式のフックがついています。カーテンレールのようなものについているので、位置決めも楽そうです。

パネルやらポスターやら、飾りたいものは沢山あれど、まだまだ片付かず当分先になりそうです。
でも、これだけはいつかは飾りたいんです。1966年の新聞記事ですが、なんとカラー刷りなのでありますね。
F1000046
マイガレージを手に入れるまでの間、どこに飾ろうかしらん?
少なからず、楽しみなんであります。

| | Commenti (4) | TrackBack (0)

novembre 09, 2005

ちょっと読んでみて

政治的にどうこう、っていうハナシは抜きにして、asahi.comをよく見てます。

昼休みになにげなくフンフンと読んでいると、なにげに大矢アキオ氏のコラム「イタリア発アモーレ!モトーレ!」が。彼はクニタチのヴァイオリン科卒のくせにクルマ関係のコラムニストをやっている変り種でありまして、ワタクシの喇叭の師匠もクニタチだし、イタリアに住んじゃったりしてうらやましかったり、あくまで一方的になんとなく親近感を抱いておるのであります。

たぶんここを覗くようなみなさんのツボにもよく効くと思いますが、ワタクシには彼のチョイスがことごとくビンゴ!なのでありますね。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

novembre 08, 2005

偉大なる平凡

うちの近辺に「増田屋」って蕎麦屋がたくさんあるんですよ。ちょっと探してみたら、それこそいろんなところにあるらしくて、成城にあるお店はかの小澤征爾が贔屓にしていて、帰国すると必ずざるを食べに寄るらしい、という話を聞いたことがあります。

そんな「増田屋」が我が職場の近くにもあるので、ふらりとひとりで行ってみました。

近くに税務署なんかもあるので、いかにも「ザ・公務員☆」って感じのおじさんが多いです。店内も「どこにでもありそう」な感じで、テレビがひとつ、テーブルの上には割り箸と爪楊枝、善光寺の七味の缶の三種の神器が鎮座ましましております。メニューは自立型(笑)のプラスティックのやつ。これにちまちまと数多くのメニューが載ってます。

蕎麦は勿論、蕎麦屋の丼とカレーをこよなく愛するワタクシは、ついついセット物を頼んでしまいます。今日は「カツ丼セット」900円也。程なく出てきたそれは、小鉢に入った、あらかじめ冷たい汁がかかった蕎麦と、小さい頃の「親父の茶碗」をイメージさせる丼に入ったカツ丼でした。どちらも特別呻るほどでもなく、あくまで「ユビキタス」なお味です。「他にうまい店なら沢山知ってるぜ」とおっしゃる御仁もおられることでしょう。正直ワタクシもそう思いました。

でも、いまどきこういうお店で心を許して食事ができるってのは、案外贅沢なのかもしれません。
所謂VFM(Value For Money)ばかり追い求めるがあまりグルメサイトを徘徊し、「あそこはどうだった」「俺的にはこちらのが」なーんて会話ばかりが跳梁跋扈する世の中、平凡であることの如何に難しいことか。

小澤征爾も、この平凡さを渇望しているのでは?彼の振った(オケは勿論ボストン響)バルトークのオケコンやコルサコフのシェヘラザードのような感じでしょうか。

(有)中町増田屋
東京都町田市中町3-4-1
Tel.042-722-0239
営業時間 11:00~20:00
木曜・第3水曜休

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

novembre 07, 2005

ガタピシ

あ、クルマのことじゃないですよ。確かにガタピシしてるかも、ですが。

今朝起きたら、いきなりいろいろ痛いんですよ。首とか背中とか。
変な姿勢で寝たからか、布団かかってなかったから風邪ひいたのか、などと詮索してみますが、どちらもあてはまらないようです。痛いところを伸ばし伸ばし仕事をしておりましたらば、やっと思い出しました。

昨日、久々にクルマの下にもぐってヘンな体勢でヘンな作業をしたからですね。一日置いてこないだけまだましかもしれませんが、結構な張りっぷりです。
下回りの整備のために、本気でリフターが欲しいと思う34歳の秋であります。
(しかし、その前にやることのが多そうです。)

それよりも、なかなか思い出せないオツムを心配すべきでしょうか。悩みは尽きません。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

novembre 06, 2005

キンミヤ再び

先般うっかり買ってしまった乙類では満足できず、甲類のキンミヤを捜し求めて今日またマル○ツに行って探してしまいました。

F1000199そしてそれはしっかりとありました。オヤジ焼酎コーナーに。600mlと300mlが置いてありまして、迷わず600mlをゲット。300mlの瓶もかわいいですよ。ホントは一升瓶が欲しいのですが、ね。

そしてこれから鋭意修行に励みます。後で猪木も見守っています。しらすおろしに、点天の一口餃子が待ってます、楽しみ!

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

管理不行届

奥様が散髪に行っている間、ムスメと二人でお留守番でした。
オムツを換えてティッシュで拭いて、ひとりでコロンコロンしていたのでちょっとの間PCに向かっていたのですが、

F1000198ふと振り返ると、なんとティッシュの中身を引っ張り出しているではありませんか。ムスメの成長を喜ぶ反面、今後は不用意に床にモノを置かないように固く誓うのでありました(反省)

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

クーラント交換

雨が降る前に、ラジエータのクーラント交換をしてきました。

この夏頃から冷却ファンがブンブンまわるようになってしまいました。
温度センサーの不良?と思いましたがこれは去年換えています。そのときショップで入れ(られ)た漏れ止めが原因なのかと思い、とりあえずフラッシングしてクーラントを換えて様子をみようと思い、今までは全部ショップ任せだったのですが、ジュリアのウォーターポンプを換えて自信がついたということもあり、DIYを決意しました。

パンダにはなんとクーラントのドレンボルトがなく、ホースを外してクーラントを排出せざるを得ません。ですからホースを外すとあらぬ方にクーラントが飛び散るので非常にやっかいです。しかもエンジン側のホースは固着しやすく、ホースリムーバーでこじったりしないと簡単には外れません。ホースの予備はないので慎重にはがしていくと、やっと緑色の液体がドバドバとでてきます。

出てきたクーラントを見るとさほど汚れていないのですが、何回か水で洗い流すと、長年堆積した錆やヘドロがでてきます。風呂釜や洗濯機の湯垢掃除がお好きな方(ワタクシも含め)には、この瞬間がたまらなく楽しかったりします。

そして新しいクーラントを入れ、エア抜きして終了です。途中、ファンがまわりだしましたが、ここんとこ"High"でしか廻らなかったのが、今日はしっかり”Lo"で廻ってくれています。やはりどこか詰まっていて温度が高くなっていたのでしょう。

最近あんまり手を入れてあげられなかったのですが、やはり手を加えただけよくなってくれると愛着も増すってもんです。これで10万キロまで大丈夫、かな?

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

novembre 05, 2005

オトモダチ

F1000197
我がムスメのお友達に、Sassyのクイッカー・クワッカーが仲間入りしました。チョロQのようにバックさせてゼンマイを巻くと、なかなかの勢いでダッシュする「おもろいやつ」です。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

novembre 04, 2005

祝!開店

トラットリア・マリーがついに開店したので、昼休みに行ってきました。

着いたときにはすでに満席、しばらく待つことを承知のうえで店内を観察していました。ランチは1000円をはじめ3種類。まずは一番安い1000円のランチをオーダー。ピザorサラダ、パスタorリゾット、一口デザート、ドリンクのセットでして、パスタやピザは時間がかかるかな?と思いロメインレタスとルッコラとレンズ豆とペコリーノチーズのサラダ、牡蠣のリゾットをチョイス。お隣で食べているのを見るかぎり、ピザは直径25センチ(推定)、パスタも女性用一人前くらいの量があって、コストパフォーマンスは高そうです。

サラダはシンプルながらもいい塩梅のドレッシングをまとい、チーズもケチくさくなく沢山載っています。昼からペコリーノが食べられるとは、ちょっとシアワセな気分になります。腹が減っていて、写真を撮る前に食べきってしまいました(失礼)。

F1000196リゾットですが、牡蠣を一度ソテーいるようでして、一口いただくと一瞬「海老かしら?」と思うほど香ばしさが広がります。ただの「洋風おじや」ではなくちゃんとアルデンテをキープしており、ここのあたりもさすがという感じです。普段は「大盛の美学」の探求者を自認しておりますが、ここはそういうお店ではありませんので野暮なことはいいっこなしで(笑)

F1000195店内にはイタリアの虫"BANDINI"がディスプレイされております。いったい小嶋さんはクルマを何台お持ちなんでしょうか?

一口デザートのパンナコッタもやわらかく、エスプレッソを「カッ」と飲み干してきっかり一時間、ちょっと非日常な昼休みの終了。今度はィ夜にじっくり伺いたいもんです。

194-0021 東京都町田市中町1-1-15 MARIE 1F
TEL042-721-0147 FAX042-722-3338
OPEN.11:30~3:00、17:00~24:00(LO.2:00、23:00)火曜定休

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

novembre 03, 2005

nuova大熊猫

発売してしばらく経ったNew Panda、「二代目はダメの法則」や「ジンゴ問題」など若干不幸な星の下に生まれてしまったなぁと思っておりましたが、2004年の欧州カーオブザイヤーを受賞するなど、なかなかの評価のようです。街でもたまに見かけますよね。

そんな二代目に、イタリアンデザインの巨匠アレッシィが一枚かんだFiat Panda by Alessiなるモデルがあるようです。色使いはまさにアレッシィ節そのものでありまして、好きな方にはたまらん一台になりそうですね。

ワタクシですか?アレッシィはキライじゃないですよ。でもそれほど想いいれがあるわけじゃなし、ね。まあ、小さいムルティプラみたいで、いいじゃないですか。ウチみたいな家族にはちょうどかも。でも買わないし、買えないだろうなぁ(笑)

03122117
コレは一昨年の年末、発売直後にパリで撮った広告です。センスあるよナァ。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

novembre 02, 2005

季節感

今日、昼飯に出るタイミングが少し遅れてしまい、ひとりで(会社の)近所に弁当を買いに走りました。めんどくさいからコンビニで、と思ったのですが、混んでいるわりにあんまりうまそうでない(笑)

ということで、道すがらのお弁当屋が目にとまりました。ネットでも全然引っかかってこない小さなお店ですが、日替わり弁当が600円。大ぶりなメンチカツ、鰆の焼き物、ひじきとコンニャクの煮物、きゅうりと紫蘇と玉葱のサラダ、白菜の漬物がついてます。なかなかのお値打ち。今日はプラス40円して栗ご飯にしてもらいました。

栗ご飯って、うまいですね。秋ですね。季節感でまくりです。

試食させてもらった、アップルシナモンマフィンもなかなかでございました。甘いものは別に、って感じですが、これはうまいです。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

novembre 01, 2005

うまたれ

博多の焼き鳥屋さんでは、山盛りキャベツにすっぱいタレをかけたものが出てきます。

F1000194若かりし頃一度だけ味わったことがあるのですが、しばらく前に某スーパーマーケットでこんなものを手に入れ、それ以来我が家の定番調味料兼ドレッシングの不動の座を誇っております。福岡地区では圧倒的な認知度を誇るそうですが、関東地区ではまだまだこれからといった感じです。でも、浅漬けの素としてもすこぶる優秀な性能を発揮し、春雨サラダなんかにも合います。一本で350円くらい。コストパフォーマンスもよし。是非みなさんお試しアレ。

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

« ottobre 2005 | Principale | dicembre 2005 »