« agosto 2005 | Principale | ottobre 2005 »

settembre 30, 2005

一区切り

今日付けで、今の会社を退職いたしました。

思えば12年半、沼津→ィ横浜→千葉と渡り歩いてきたのですが、あっという間ですね。大学の4年間のがよっぽど長く感じます。帰り際にお世話になった皆さんにメールを送ったのですが、色々懐かしい人から返信があると、それはそれでなかなかに感慨深いものがあります。返信しまくっていたら、結構な時間が経ってしまいました(笑)

その分だけ自分も齢とったんですよね、ハハハ。

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

settembre 29, 2005

テレビのジョン

terebinojhonNHK教育「ピタゴラスイッチ」に出てくるテレビ犬「テレビのジョン」。調べたいことを質問すると、文字の読めない子どもにも理解できる映像にして答えてくれます。「テレビジョン」だから「テレビのジョン」かよ!とのツッコミもスルーされそうなまったりキャラですが、世知辛い昨今にはこうした存在が必要かもしれません。こんなテレビがあったらいいなぁ。欲しいなぁ。

| | Commenti (4) | TrackBack (1)

settembre 28, 2005

留守番

昨日は会社の送別会で呑んだくれ、blogの更新もサボってしまいました。その代わりといってはナンですが、今日は妻がバイト先の同僚とランチに行くことになっていたので、ムスメと二人で留守番でした。家を出る直前に授乳してもらい、腹いっぱいになったところで一眠り。おとなしくしていてくれたので、その合間をぬって退職のご挨拶のメールを下書きしてました。宛先をあげていったら相当な数になってしまい、結局午前中はそれしかできなかったなぁ。あー、疲れた。

F1000178そんなこんなで3時間が過ぎ、ムスメ起床。オムツを替えて遊んでいたのですが、「ハラが減った」と泣き出しました。とりあえず一緒に横になって寝たふりすると、また寝てくれたので一安心。そのうち妻が帰ってきて、おみやげのいかめしと昨日の残りのメンチカツと焼き芋がワタクシのお昼ごはんでした。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

settembre 26, 2005

ピンフォール

一昨日、すでに「じらし戦術」を仕掛けてきた「プロレス運輸」が、見積に来てくれました。

F1000177いきなり「闘魂緑茶」プレゼントの凶器攻撃からスタート、オマケに弱いワタクシは試合開始早々のダメージであります。部屋をパッと見ただけでおおよその箱数を計算し、4トン車1台では厳しそうなので2トンロング2台でとのアドバイス。話を聞くに、もともとはニ○リの配送を請け負っていたそうで、家具の搬入には並々ならぬ自信をうかがわせております。過去2回の引越しで常に業者の手を煩わせ壁を傷つけている我が家の手負いのダイニングテーブルも、ここならなんとかうまくやってくれそうで、すでに足腰にグラグラきております。
しかも成約の暁にはプロレス運輸オリジナル『Tシャツ』&『キャップ』プレゼントですよ。こうなりゃ森永卓郎も絶賛『プレミアムミニカー』 も当てたるわい!って、ヘンな勢いもつくってもんです。
結局、立ち話しながらささっと見積を作って、風のように去っていきました。そのあまりにあっさりな営業スタイルも、かえって人の気を引くもんです。あんまり圧されるとかえってイヤになってしまうヒネクレモノ夫婦は、もうタップ寸前です。競合の某社(蟻)と同条件で、クルマには余裕があり、しかも3万も安い。いただいたパンフレットを見ると、今日見積に来てくれたヒト(肩書きは「本部長代理」でした)が、なんと写真に載っているではありませんか!(写真の右下のネクタイのヒトです)なんだか相手のペースにすっかり乗せられてしまいましたが、厳正なる家族会議の結果(?)ここにお願いすることにしました。

ということで、期待度大です。プロレス運輸。引越の顛末はまた追ってご報告します。

※一方、競合の某社(蟻)の営業に断りの電話を入れたら、プロレス運輸より1万引いた金額でやらせてもらいます、と食い下がってきました。ぶっちゃけ定価の半値八掛けです。同じ営業として気持ちは判らんでもないのですが、だったら初めからやる気出せよ、足元見るなよ、と思ってしまいます。ということで、丁重にお断りしておきました。

| | Commenti (5) | TrackBack (2)

settembre 25, 2005

105.26.59.402.01

謎の暗号でも、IPアドレスでもございません。

F1000173ジュリアスーパー乗り諸兄であれば「ああ、コレね」と思われるでしょうが、コレ、ジュリアスーパーのCピラー下部につくエンブレム(タイトルはパーツナンバーです)なんです。初期のタイプにはこうした「手の込んだ」細工がされていますが、我が家のは最終型でして、コストダウンの名の下に、こうした粋なものは全て省かれております。その分ボディの剛性や機関の信頼性が増しているので、必ずしもマイナーチェンジを否定するわけではないのですが、どんなクルマでも、マニアックになればなるほど、当初のコンセプトが濃厚な初期型に回帰する傾向が強いように感じます。

残念ながら、右側しかないのと、取り外し時にゆがんでしまっているので、実車につけることは難しそうです。そのうち、マイホームなるものを手に入れることになったら、インテリアの一部にでもしようかしらん?

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

settembre 24, 2005

Ufficio postale

最近、郵便局に頻繁に行っています。

会社や不動産屋に出す書類やら、クルマ修理の示談書やら、なにかと書類を送り送られということが多いのでありますね。郵政民営化問題は別として、信書については民営化しないほうがいいと思いますが、ね。
ということで、配達証明郵便をよく使います。最近は宅配便並みにWebから追跡照会ができるのですね。ゆうぱっくのような小包なんかも一緒の画面からアクセスできるので、なにげに便利だったりします。

しかし、クルマをぶつけた若造、早く示談書を受け取ってくれないかしら。こちらがなんでこんなに気を使わなくちゃならないの?

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

settembre 23, 2005

一括見積

新居の目処も立ち、やっと引越手続にはいりました。

いまどき、ネット上での見積も一括でできるポータルが無数にあるのですね。数あるサイトの中からひとつ選び、日時や家財の数量などの仕様を入力し、見積依頼してみました。
とりあえず超概算で即レスする会社、そこそこ真面目に見積る会社、「自動車部品は運べません」などとぬかす会社(ボンネットとトランクフードとドアパネル、全部宅配便で配達してもらったぞゴルァ)、条件が合わずお見積できませんと詫びてくる会社など、それぞれに個性豊かです(笑)

しかしその中で唯一沈黙を守る「プロレス運輸」、見積りご訪問で
『闘魂緑茶』をもれなく、見積りご成約でプロレス運輸オリジナル『Tシャツ』&『キャップ』をご成約者全員にプレゼントという、ある意味猛烈にそそられる会社です。あえてじらし作戦に出る、彼ら一流の戦術なのでしょうか(笑)

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

settembre 22, 2005

くるみ

最近、昼間は大人の布団にブランケットとバスタオルを敷いて、その上にムスメを寝かせているのですが、今週になってから行動範囲が拡がって、布団の上を縦横無尽にコロコロと転がるようになりました。

DSC01054そんな感じで遊んでいると、体がバスタオルにくるまって、こんな風になります。我ながら親馬鹿全開なのですが、「かわいいなぁ」と思ってしまいます。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

settembre 21, 2005

ウィンカー

うちのジュリアのウィンカー、汎用品がついておりまして、いつかはコレをホンモノに換えたいなぁと目論んでおります。
ジュリアスプリントGT乗りのさいとうさんからお譲りいただいたキャレロのほかに、ネットオークションで手に入れたりもして、何個かを組み合わせて完成させようとしておりまして、今日届いたものを開けてみると、ペアかと思いきやなんと片方はアルティッシモ、もう片方はオルサという組み合わせでした(!)
sirmione53-img600x450-1126434714dsc02519__2_

手元のパーツリストを紐解いてみますと、ジュリアTI、ジュリアスーパーのウィンカーレンズは3メーカー(キャレロ、アルティッシモ、オルサ)6種類(それぞれ本国向け、ドイツ向け)あるんだそうで。知らなんだ。

雰囲気的にはキャレロをつけたくて、今回手に入れたやつのハウジングと防滴用カバーを流用しようと思ってましたが、キャレロだけハウジングとレンズの形状が違うようでして、叶わぬ夢となりました(涙)

ということで、どなたかキャレロの左側のハウジング、お譲りくださいませ!(手持ちのものは、取付用のネジ部分が破損しているんです)

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

settembre 20, 2005

通り雨

夕方、ぱらぱらっときましたね、雨。
つい先程も降ったようです。

あー、屋根付きガレージ、ほしいなぁ。ムリだなぁ。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

settembre 19, 2005

スクラブ

ムスメと一緒に風呂に入るので、なかなかゆっくり自分を洗ってるヒマがありません。というよりも、長時間だとのぼせてしまうのであります。

やっと涼しくなってきたこともあり、今日はのんびりと風呂に浸かってみました。浴槽から出て汗が一段落するまでの間を使って、フットスクラブで足をこすってみました。
020350THE BODY SHOPのペパーミント クーリング パミスフットスクラブです。中身は一見コンニャクのようですが、ベトベトせずに気持ちよく使うことができます。風呂上りもスースーして、キモチイイですよ!
余談ですが、ここんちの"AGAINST ANIMAL TESTING"のTシャツが欲しいのですが、今はどこにもないですね。残念。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

settembre 18, 2005

峠の我が家

今日も家探しに行ってまいりましたが、4件ともイマイチでした。新しい「峠の我が家」はいずこに?

んでもってくたびれて帰ってきたのですが、やっぱり我が家はいいですね、リラックスできます。
ということで、今日はもう風呂入って寝ます。おやすみなさいzzz

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

settembre 17, 2005

ナメナメ

DSC01049首の据わった我がムスメ、最近のマイブームは「おしゃぶり」です。泣きながら指を咥え、そのうち寝てしまうことも多々あります。精神安定剤のようなもんでしょう。おかげで、よだれがスゴイのなんの(笑)

DSC01052勢い余って、思わず指が鼻に入ることもあります。ィ嫁にやる父の立場としては、鼻の穴が拡がらないことを切に祈るのみです。

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

settembre 16, 2005

ハンコ

今日、会社に退職願を出してきました。思えば12年半、長かったような、短かったような。上司も同僚も、ワタクシの我儘を快く受けとめてくれました。あとは机の周りの整理と挨拶で一回行くだけです。A4横書きで、大きな字で署名し、ハンコをひとつ。これでおさらばか、と思うほど感傷的でもないのですが、ひとつの大きな節目ではありますね。

F1000172朝一からだったので、午前中のうちに帰宅。午後はムスメの4ヶ月検診とBCG予防接種に付き添いました。意外とおとうさん同伴で来られている方が多く、居心地悪さを感じずに済みました。そしてムスメはハンコ注射を受け、こんな感じで痕がついています。こちらも人生の大きな節目でしょうか。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

settembre 15, 2005

リッチ

F1000166今日は安野鈑金さんにジュリアを預けに、町田に行ってきました。なんと今週3回目の町田です(笑)ああ、早くキレイになって戻ってきておくれ(涙)

F1000169帰りにハラが減ったので、「リッチなカツカレー」を食べに、アサノさんに行ってきました。昭和の匂いのする商店街の一角にカウンター8席という小ささながらも、カレー業界では有名なんだそうで、その中でも有名な「リッチなカツカレー」\1,400-を食してまいりました。そういえば、「リッチ」ってコトバ、最近あまり使いませんよね。昭和な和製英語ですね。
ご主人はちょっと横山弁護士風(失礼)、お客さんとゆっくり会話を楽しみつつカレーを仕上げていきます。量もさほど多くなく、とりたてて目立つ感じでもないのですが、カレースープに浮かぶスパイスの粒々から、このカレーのうまさが伝わってきます。大きくもなく厚くもないカツですが、カレーやライスとのバランスがちょうどよく、高座豚のうまさがダイレクトにきます。
なんでも某番組で取材を受けた日に100人を越える行列ができてしまい、商店街の他の店にお客さんが入れなくなってしまい迷惑をかけた、ということで、それ以来テレビの取材は一切お断りしているとか。それでも土日にはこの味を求めて行列ができるそうで、ゆっくり楽しみたい方は平日が吉、かと。
カレーの写真を撮りたかったのですが、やめておきました。ご主人に対して失礼なような気がしまして。ということで、皆さん、ぜひご自身の舌と鼻と目で確かめてください。

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

settembre 14, 2005

行きつけ

ここ数年、行きつけの床屋がありません。

沼津在住時にはgukという美容院に行ってました。カットの腕は抜群だし、髪の短いワタクシにとっては、カット後2週間以内なら1000円でカットだけしてくれる、チェックカットというナイスなシステムがありまして、いつもアタマをさっぱりしていられたのはここのおかげです。ハーレー乗りの坂部さん、ボロ(失礼!)台湾ベスパで颯爽と通勤する上松さん、元気かなぁ?

F1000165その後横浜、千葉と転々としましたが、これだ!というお店についぞめぐり合うことなく終わってしまいました。結局短くしてバリカンで刈ってしまうので、1000円カットでもいいやぁ、という感じで。おかげでパーツ代が捻出できている、という話もありますが(笑)
今日、最後にバリッと刈ってもらいました。もう、ここのお店にも行くことはないでしょう、たぶん。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

settembre 13, 2005

Makuhari Supers' Night

DSC01048
今日中の更新に間に合ったかな?

Kanzaさん、☆けめさん、遅くまでどうもすいません。
お茶もご馳走になりました。御礼せず失礼いたしました。

| | Commenti (3) | TrackBack (0)

settembre 12, 2005

ロール

下記1-3にあてはまるものを明示せよ。

ロール【roll】 [名](スル)

1 巻いて作ったもの。巻いてあるもの。「―カステラ」「バター―」
2 「ロールフィルム」の略。
3 船舶・航空機などが進行方向に対して横に揺れること。横揺れ。ロール。「船が大きく―する」ピッチング。

<回答>
comn00201 沼津土産の定番、冨久家のイタリアンロール。入手には電話予約が吉。最近は儲かっているらしく、冨久家EMAIRなる支店を出しているらしい。


kodak-film2 写真撮影用のフィルムの一。長い帯状で、巻いて容器に入れ、適当な長さずつ繰り出して露光するもの。デジタルカメラの台頭により、一般家庭からは姿を消しつつある。

roll
3 アルファロメオも負けずにロールします。他にルパン三世の駆るチンクェチェントなど。

| | Commenti (3) | TrackBack (1)

settembre 11, 2005

MUSEOの謎、解ける

いやいや別に、クイズの答えが今判ったわけじゃないんですよ。

二日目のフェアウェルランチのデザートに並んでいた謎の果物、正体がわかりました。
「キワノ」っていう、ペルー原産のウリ科のものらしいです。詳しい説明はこちら。オレンジのとげとげした果皮からは想像できない、緑色の澄んだ果肉と種、そして不思議な食感。一口食べて思わず「ビミョー」と口走ること間違いナシです。
F1000164そんな「キワノ」、近所のカルフールで見つけました。買いはしませんでしたが(笑)

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

settembre 10, 2005

喰ってばっか

昨日は餃子がうまく焼けなかったので、思わずblog更新を怠ってしまった、反省。相変わらずの食欲日記。人間、食欲があるうちはなんとかなるもんだ(笑)

F1000162まず第一弾は佐世保バーガー「ビッグマン」。近所のららぽーとにできた東京パン屋ストリート内にあるテナントなんですが、今までは激込みで買うことすらままならなかったのですが、このたび目出度くゲット。なんてことないベーコンエッグバーガーなんですが、これがうまい。絶妙のバランス感覚です。

F1000163今日は一日家探しの旅だったのですが、最後に寄ったプレッセの自販機で不二家のレモンスカッシュを発見。強力な炭酸が幼少期の記憶を呼び覚ましてくれます。ゲップまでレモン味(失礼)。

| | Commenti (0) | TrackBack (1)

settembre 08, 2005

ロハスってナニよ?

「スローフード」あたりならなんとなく意味が判らなくもないのですが、「ロハス」ってナニよ?って思ってました。なんだか気取りやがって、俺にわかるようにしゃべれ!って、少々鼻持ちならない感じでもありました。

ヒマにまかせて調べてみると、「Lifestyles Of Health And Sustainability」の略だそうで。詳しい説明はこちらにあります。なかなかのボリュームです。
mokuji05101たまたま妻にこんな本を買ってくるよう言われ、妻が読んだ後に見せてもらいました。色々小難しいこと(失礼)は書いてあるものの、「県民スローフード大百科」なる記事はとても楽しく読めました。
我が故郷静岡県は「黒はんぺん」「自然薯」「桜えび」「猪肉」「鰹塩辛」だそうで、まあ80点かな?なーんて、これじゃ無断転載だ、失礼しました。興味のある方は書店までどうぞ。

| | Commenti (0) | TrackBack (1)

settembre 07, 2005

チョロQ

25年前に発売されたチョロQ、小学生の頃よく遊びました。それまではスーパーカー消しゴムだったのが、あっという間にこれに取って代わられたように記憶しています。公式ページを見てみると、国産旧車の品揃えはなかなかですね。結構琴線に触れるものもあったりして、ましてやオーナーなら「即買い!」でしょう。

F1000161そんなチョロQに、久々に出会いました。なんと147GTAです。現在は非売品で、今月末には市販化される予定だとか。MUSEO参加者のみに配られる超レアアイテムです。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

settembre 06, 2005

Má Vlast

ふるさとは遠きにありて思ふもの
そして悲しくうたふもの
よしや
うらぶれて異土の乞食となるとても
帰るところにあるまじや
ひとり都のゆふぐれに
ふるさとおもひ涙ぐむ
そのこころもて
遠きみやこにかへらばや
遠きみやこにかへらばや
       [室生犀星:小景異情ーその二] より

はばかりながら、昨日はずーっとこんな気分でありました。

MUSEOのコース、実家にいたころによく走ったドライブコースなんです。路面こそ荒れているものの、晴れていれれば途中に富士山を拝めるのですが、まあ雨の田舎道もいいもんですね。ご参加の皆さん、いつか是非、天気のよいときに走ってみてください。できうるならば、メーンゲートのところのT字路を右折してR246までの道も激しくオススメです。
F1000156
それから、リニューアルを果たしたFISCO、ヨタ資本のおかげかもしれませんが、我が故郷、否、我が祖国の宝があんなにきれいに、素晴らしくなったことに猛烈に感動しました。

| | Commenti (5) | TrackBack (0)

settembre 05, 2005

行ってきました!Arrivederci MUSEO ALFA ROMEO Meeting-5

今年も無事に、楽しく参加させていただきました。
念願のFISCOの本コース(ファミリー走行ですが)も、ィ夜の呑みも、すこぶる楽しゅうございました。

F1000153毎年いろんなサプライズがあるのですが、今年はウルトラマンマックスご一行様がおいでになられました。それから、ダッシュアルファは速いです。ハンパじゃないです。

F1000159ジュリアに久々にたくさん乗ってあげることができて満足です。こっちの角度から見ると、すげーキレイだナァ。自画自賛。

事務局の皆さん、本当にありがとうございます。来年も是非!

でも、さすがに疲れました。ムスメと風呂入って寝ます(笑)

| | Commenti (16) | TrackBack (0)

settembre 04, 2005

本日開催!Arrivederci MUSEO ALFA ROMEO Meeting-5

おはようございます。
早起き鳥のワタクシ、すでに目が覚めております(笑)

ということで、今日から明日にかけてArrivederci MUSEO ALFA ROMEO Meeting-5に参加してきます。旧車にやさしい曇り空、なんとか降らないよう祈るばかりです。せっかくだから富士・箱根の景色も堪能したいですしね。

DSC01033DSC01034ちょっとクルマに対してネガティブで、当初予定より全然手が加わっていないのですが、おそらく新車当時から交換されていなかったであろうホーンボタンのプラスチックを交換しました。今までのはすでに白濁して割れてボロボロだったので、これだけでずいぶんステアリングまわりがすっきりします。

では、気分もリフレッシュして、安全運転で行ってきます!

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

settembre 03, 2005

紅白

今宵も縁起よくまいりましょう(笑)

F1000149歌合戦でもなければ、あとヴェルデを足せば伊、アッズーロなら仏、ってわけでもございません。船橋にあるリトル・ブレッズ・トゥ・ゴーのラスクです。左(赤いリボン)がラスク・ルージュ、右(ピンクのリボン)がラスク・ブランでございます。
ラスク・ルージュはエダムチーズをベースにパプリカ、カイエンペッパーとスパイシーな変り種ですが、これがうまいのなんの!大人のおやつにはもちろん、ワインやビールなどのお酒のお供にも最高です。一方でラスク・ブランはきび糖をまぶして焼いた素朴な味。これも止まらなくなるうまさです。しかもどちらも油で揚げていないのですこぶる軽く、おなかにもたれることもありません。

ということで皆さん、船橋といえば競馬でもオートでも○らぽーとでもなく、ラスクですよ、ラスク!ドン!(←机を叩く音)
マジメな話、ラスクだけじゃなくて他のパンもうまいですから、是非行ってみてください。

リトル・ブレッズ・トゥ・ゴー
〒273-0005
千葉県船橋市本町1-21-16
047-437-8733
定休日:毎週火曜日
営業時間:9:00~19:00

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

settembre 02, 2005

喰わず嫌い

気を取り直して(笑)、ドライビングのお供の話題。

一昨年ミラノに行った時に、自分用のお土産を何にしようかと迷っておりました。冬だったので、実家用に革手袋をと思い、セルモネータ グローブスに行ってみました。イタリアに旅行したことのある方なら、どこかのガイドブックやパンフレットでその名前をご覧になられた方も多いかと思います。それくらいいわば「マス」なお店でして、まあ正直どんなもんかな?と半信半疑で行ってみたわけですよ。

家族用の手袋を品定めし、試着なんぞしてみたりするのですが、革の手袋ってゴワゴワしたイメージがあるのですが、裏地がカシミアだったりして(べつにここの製品に限った話ではないのでしょうが)思いがけずスベスベとキモチイイことに気がついてしまったのです。もちろん革もなめらかで、文字どおり「手に馴染む」感触です。

DSC01035そんなお店の中で、見てはいけないものを発見してしまいました。それがコレ、ドライビンググローブです。
今までそんなに必要性を感じていなかったのですが、ジュリアのウッドステアリング、汗っかきなワタクシだと滑るんですね、恥ずかしながら。んで、これをつけるとあら不思議、ツルツルすべりやすいヘレボーレがしっとりと掌に馴染むんでありますね。コレホントです。ハイ。
革一枚ですので、何年も使えるものではないのですが、お値段は32ユーロ。ヘタレたら買い換えても惜しくないお値段ではありますが、ちょっとコレは捨てられないなぁ。日本でも、渋谷東急をはじめ三越・高島屋あたりで取り扱いがあるらしいですヨ。

しかし、コレで色が黒だったら、ちょっとレイザーラモンHG氏を連想しそうです。

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

settembre 01, 2005

好事魔多し

あー、こんなこと書きたくないのですが・・・

端的に申し上げますと、賃貸駐車場で当て逃げに遭いました。

F1000138今朝、駐車場に向かうと、パンダと並べて停めてあるジュリアだけが何故か不自然に前に飛び出ています。昨日はその場でジュリアのエンジンをかけただけ、前にも後にも動いていません。それなのに車留めを飛び越えています。昨日の夜はパンダで出かけたのですが、そのときには異変には気がつきませんでした。
もしや?と思いカバーを外そうとしますが、結び目のあるフロント側、普段なら人ひとり入れるスペースにはまったく余裕がなく、やっとの思いで結び目を解きます。そしてカバーを外すと。。。

F1000132明らかに右リアがぶつけられています。バンパーは大きくゆがみ、ボディと干渉しています。取付部分がボディにめり込み、穴が空いています。ライセンスランプも吹き飛んで外れており、なんとかくっつけてはみましたが、テープなどで固定しないと実走は難しそうです。
DSC01028DSC01029DSC01030

まずは警察に電話し、被害を届け出ました。近所の交番の警官さんが簡単な実況見分をし、免許証・車検証を見せ、状況証拠であるブレーキ痕、カバーについた塗料の痕などから判断して、対面にいつも停まっている車があやしいのではないかとの意見を伝えました。そして、警察から不動産屋に対して、当該所有者の連絡先の紹介をしていただくよう要請しました。
「何か進展があったら連絡する」との警察のコメントに対し、まずは不動産屋からの回答について連絡をもらうよう約束をとりつけ(それでも「いつまでに」の回答はいただけませんでしたが)、その場は終わりとしました。近所の交番の警官さんは、自分が今夜夜勤で、明日明後日と不在であることを伝えてその場を去りました。それって、すぐには解決しないからまあ気長に待てよ、っていう意味なの?署内で引継くらいしないのかしらん?

相手は社用車(白いワゴンで、ボディ横面に社名ロゴが入っている)であることから、個人で借りているか(これだと証拠隠滅を図られる可能性大)、会社名義で借りているかで、尻尾がつかめるかどうかに関わってきます。警察には依頼したものの、待っていては埒があかないので、ダメモトで不動産屋さんに電話してみました。事情とワタクシなりの仮説を伝えてみると、いくつかのキーワードがでてきました。
まずは、相手の駐車場は会社名義の契約であり、若い男性が使用者(要は主に運転する人)だということ。カバーについていた色とその車の色も一致し、同じ駐車場にはもう一台同色の車があるけれども、停めてある位置から想定するにワタクシの駐車場の方まで入ってくるとは思えないこと。この二点からで充分に可能性があるだろうとご判断いただいたようで、当該所有者に連絡をとっていただけることとなりました。連絡がとれたかどうかの確認も含め、連絡が取れたら当該所有者よりワタクシの携帯に連絡をいただけるようお願いしました。ちなみに、この時点では不動産屋さんには警察から連絡はなかったようです。実況見分終了後2時間は経過してました。

そして今、心穏やかに(ウソ)電話を待っています。続きは後ほど。

半年越しのレストア直後にこんなにされたことも、MUSEOにヘコんだクルマで出ざるを得ないことも、そりゃもちろんやりきれない思いなのですが、それ以上に被疑者が何も言ってこない事に激しい憤りを覚えます。ダマってりゃ済むと思うなよ!

それから、MUSEOには出走いたしますので、ご心配なく。機関は大丈夫みたいです。

| | Commenti (13) | TrackBack (0)

« agosto 2005 | Principale | ottobre 2005 »