« 定番 | Principale | 105乗りの携帯ストラップ »

luglio 23, 2005

音楽鑑賞

クラシカルのCDを久々に買いました。
結婚前は渋谷塔やアキバ石丸で、それこそ湯水のごとくこづかいを注ぎ込んでおったのですが、ひとりの時間が少なくなると聴く時間もなかなかなかったり、オケも休眠状態だし、だいぶご無沙汰なのでありました。

今回のお買い上げはこちら。ベルリオーズの幻想交響曲って、作曲者が生前につけ加えた第2楽章のコルネット・パートが含まれる(ブライトコプフ版?)が演奏される機会が少ないのであります。いくつか同版で演奏された録音はありますが、すでに持っているマルケヴィチ/ラムルー管やミュンフン/バスティーユ管を越えるものがなくて、なんとなく二の足を踏んでいたのであります。オケは、プレイヤー的観点からするとダントツな演奏のうまさを誇るフランクフルト放送響(かつてインバルのマーラーチクルスで一躍有名になった、などと書くと齢がバレますが)。指揮はヒュー・ウォルフ、古典ではピリオド楽器を使い(残念ながら本盤ではモダン楽器ですが)、奇をてらわない正攻法な音楽作りが好印象です。そのくせ新進気鋭アメリカ人カリアーのマイクロシンフというカップリング、なかなかにマニアックでよろしいのでは。

早速聴いてみます。
ストバイとセコバイを対向配置にし、あくまでヴィブラートは控えめ。持ち味の演奏力・アンサンブル力もあいまって、「ベルリオーズが意図していたのはこういう音?」と思えるほど、他の演奏が雑で厚化粧に思えます。ゆえに曲本来のアラというかムラというか、今まで違和感を覚えていたところも不思議としっくりくるような気がします。オケ界の通例ではやらない繰り返しも楽譜に忠実に演奏し、聴きどころの2楽章のコルネットもでしゃばらず埋もれずで好演。かのラインホルト・フリードリヒを輩出したトランペットパートですから、そのうまさは推して知るべしでしょう。なかなかいい買い物をしました。

あとの一枚はグレン・グールドのゴールドベルク変奏曲。こちらはムスメの寝かしつけ用に買いましたが、こっちが眠くなりそうなので、まだ封を解かずにいます(笑)

|

« 定番 | Principale | 105乗りの携帯ストラップ »

Commenti

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)




TrackBack

URL per il TrackBack a questo post:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31635/5108073

Di seguito i weblog con link a 音楽鑑賞:

« 定番 | Principale | 105乗りの携帯ストラップ »