« しばしの別れ | Principale | 痕跡 »

febbraio 13, 2005

手持ち無沙汰

せっかくの3連休ですが、やらなければならないいろいろなことがあって、ばたばたと終わってしまいました。
というわりには、本日2回目のブログなのであります(笑)
やっぱりジュリア嬢がいないのは寂しいものでして、近所の本屋さんでこんな本を買ってしまいました。
特集記事が楽しいのはもちろんですが、当時の広告もまたそれ以上に興味深いのです。パンダ45やイノチェンティ・ミニ、A112アバルトなど、当時の代理店の「バブリー前夜」的な雰囲気もあいまってなんとも面白いのであります。おまけにJPSロータスに乗る若き日のマンセル(ィヨコワケハンサム!)や、ムゼオで見たティーポ182とチェザリスなども見逃せません。

でも、コレを「懐かしい!」と思える自分も、充分に歳を重ねているのですね。

cg

|

« しばしの別れ | Principale | 痕跡 »

Commenti

ナイアガラさん、こんばんは。

そうですよね、谷中さんのところにドックインだとすると、「ちょっと見てくる」は通用しませんもんね(笑)
パーツは、そこそこ集まりつつあります。自身のスキルアップ(要はカネがない)のために、ドアパネルの下地作りまでDIYで、塗装だけお願いしようかな?などと画策したりもしてます。

CGは古本です。
近所のヴィレッジヴァンガードで買いました。
こちらの店長さん、むねよしドットコムの某コーナーの主人公だったりします。
そんなつながりで、ワタクシも取材を受けた、と。そういう感じです。

Scritto da: かまの@nuova super | febbraio 14, 2005 a 11:57 p.

かまのさん、こんにちは!

車が身近にないというのは結構さびしいものですよね。私も大阪のアウトパルコさんに車検を兼ねて出したときは4ヶ月も会えなかったので非常にそのさびしい気持ちが伝わります。でも、そのいない間に出来上がった状態を想像したり、次につけるパーツの購入などで気を紛らわすことをしておけば大丈夫かと!?(私の場合は大阪だったので見に行くこともできなかったので参考になりませんが)。

PS:それからこの記事のCGは古本なのでしょうか?

Scritto da: ナイアガラ@スーパー | febbraio 14, 2005 a 12:18 p.

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)




TrackBack

URL per il TrackBack a questo post:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31635/2912932

Di seguito i weblog con link a 手持ち無沙汰:

« しばしの別れ | Principale | 痕跡 »